Publications

Book

  1. T. Kousaka, T. Ueta and H. Kawakami
    Nonlinear Dynamical Systems with Interrupted Characteristics: Bifurcation and Control,
    Chapter 19, Chaos and Bifurcation in Circuits and Systems, World Scientific, 2002.
  2. D. Ito, T. Ueta, T. Kousaka, J. Imura and K. Aihara
    Threshold Control for Stabilization of Unstable Periodic Orbits in Chaotic hybrid Systems,
    Chapter 6, Analysis and Control of Complex Dynamical Systems, Springer, 2015.

Paper

  1. 高坂 拓司, 川上 博, 上田 哲史
    不安定化制御によるカオスの一生成法
    電子情報通信学会論文誌A, Vol.J79-A, No.8, pp.1418-1426, Aug. 1996.
    [pdf]
  2. T. Kousaka, H. Kawakami and T. Ueta
    Synchronization of Electric Fireflies by using Square Wave Generators.
    IEICE Trans. Fundamentals, Vol.E81-A, No.4, pp.656-663, Apr. 1998.
    [pdf]
  3. 高坂 拓司, 馬越 豊, 上田 哲史, 川上 博
    周期開閉スイッチをもつ非線形回路における分岐
    電子情報通信学会論文誌A, Vol.J81-A, No.5, pp.836-843, May 1998.
    [pdf]
  4. H. Kitajima, Y. Noumi, T. Kousaka and H. Kawakami
    Forced synchronization of coupled oscillators.
    IEICE Trans. Fundamentals, Vol.E82-A, No.4, pp.700-703, Apr. 1999.
    [pdf]
  5. T. Kousaka, T. Ueta and H. Kawakami
    Bifurcation of Switched Nonlinear Dynamical Systems
    IEEE Trans. Circuits and Systems II, Vol. CAS-46, No.7, pp.878-885, July 1999.
    [pdf]
  6. T. Kousaka, S. Tahara, T. Ueta, M. Abe and H. Kawakami.
    Chaos in a simple hybrid system and its control.
    Electronics Letters, Vol. 37, No.1, pp.1-2,2001.
    [pdf]
  7. T. Kousaka, T. Ueta and H. Kawakami
    Chaos and Control of Periodically Switched Nonlinear Systems
    Latin American Applied Research Journal, Vol. 31, No.3, pp.211-218, Mar. 2001.
    [pdf]
  8. T. Kousaka, T. Ueta and H. Kawakami.
    Controlling Chaos in a State-dependent nonlinear system.
    International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol. 12, No.5, pp.1111-1119, May 2002.
    [pdf]
  9. 高坂 拓司, 上田 哲史, 田原 正一, 川上 博, 安陪 稔
    Border-Collision分岐を呈する簡素な回路の実現と解析
    電気学会論文誌C, Vol.122, No.11, pp.1908-1916, Nov. 2002.
    [pdf]
  10. 高坂 拓司, 橋本 直英, 安陪 稔
    電気自転車用新形高効率電動機に関する一考察
    電気学会論文誌D, Vol.123, No.12, pp.1548-1549, Dec. 2003.
    [pdf]
  11. 高坂 拓司, 安原 義仁, 上田 哲史, 川上 博
    周期外力を印加したBVP発振器における極配置法に基づくカオス制御の実験的検討
    電気学会論文誌C, Vol.124, No.2, pp.495-501, Feb. 2004.
    [pdf]
  12. T. Ueta, H. Miyazaki, Kousaka and H. Kawakami
    Bifurcation and chaos in coupled BVP oscillators
    International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.14, No.4, pp.1305-1324, Apr. 2004.
    [pdf]
  13. 高坂 拓司, 橋本 直英, 安陪 稔
    電気自転車用新形高効率電動機の性能評価
    電気学会論文誌D, Vol.124, No.6, pp.630-631, Jun. 2004.
    [pdf]
  14. T. Kousaka, Y. Yasuhara, T. Ueta and H. Kawakami
    Experimental Realization of Controlling Chaos in the Periodically Switched Nonlinear Circuit
    International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.14, No.10, pp.3655-3660, Oct. 2004.
    [pdf]
  15. 高坂 拓司, 安原 義仁, 安陪 稔
    直流断続励磁による変圧器偏磁電流のリターンマップについて
    電気学会論文誌B, Vol.124, No.10, pp.1265-1266, Oct. 2004.
    [pdf]
  16. T. Kousaka, T. Ueta, Y. Ma and H. Kawakami.
    Bifurcation Analysis of a Piecewise Smooth System with Nonlinear Characteristics.
    International Journal of Circuit Theory and Applications, Vol. 33, No. 7, pp. 263-279, July 2005.
    [pdf]
  17. Y. Ma, C. K. Tse, T. Kousaka and H. Kawakami.
    Connecting Border Collision With Saddle-Node Bifurcation in Switched Dynamical Systems.
    IEEE Trans. Circuits and Systems II, Vol. 52 No. 9, pp. 581--585, Sep. 2005.
    [pdf]
  18. 高坂 拓司, 松元 幸浩, 原田 泰輔, 安陪 稔
    新形高効率電動機を搭載した電気自動車の定速走行特性について
    電気学会論文誌D, Vol.125, No.9, pp.885-886, Sep. 2005.
    [pdf]
  19. T. Kousaka, T. Ueta, Y. Ma and H. Kawakami
    Control of Chaos in a Piecewise Smooth Nonlinear System
    Chaos, Solitons and Fractals, Vol. 27, Issue 4, pp. 1019-1025, Feb. 2006.
    [pdf]
  20. Y. Ma, C. H. Kawakami, K. Tse, T. Kousaka
    General Consideration for Modeling and Bifurcation Analysis of Switched Dynamical Systems
    International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol. 16, Issue 3, pp. 639-700, Mar. 2006.
    [pdf]
  21. Y. Toyosaki, T. Ueta, T. Kousaka.
    Switch Synchronizing Occasional Delayed Feedback Control for Piecewise Linear Systems.
    Journal of Signal Processing, Vol.10, No.4, pp.235-238, 2006.
    [pdf]
  22. N. Oda, T. Kousaka, T. Ueta, Y. Ma.
    Controlling Chaos in a Simple Circuit with Switching Delay.
    Journal of Signal Processing, Vol.11, No.4, pp.329-322, 2007.
    [pdf]
  23. 朝長 伸吾, 高坂 拓司
    森林火災を模擬した二次元インパクトモデルの定性的性質
    電気学会論文誌C, Vol.128, No.7, pp.1244-1245, July 2008.
    [pdf]
  24. S. Tomonaga, Y. Ma, T. Kousaka.
    Effective Analytical Method for a Square Wave Oscillator Coupled by a register.
    Journal of Signal Processing, Vol.12, No.4, pp.271-274, 2008.
    [pdf]
  25. T. Suzuki, S. Tomonaga, Y. Ma, S. Banerjee, T. Kousaka.
    Complex Behavior in a Simple Piecewise Smooth System with a Spike Noise.
    Journal of Signal Processing, Vol.12, No.4, pp.283-286, 2008.
    [pdf]
  26. T. Kousaka, H. Asahara
    Dynamical Mechanism for Interrupted Circuit with Switching Delay
    IEICE Electronics Express, Vol.6, No.12, pp.806-810, June 2009.
    [pdf]
  27. 朝長 伸吾, 北島 博之, 高坂拓司
    断続動作特性を有する結合発振器にみられる同期現象
    電気学会論文誌C, Vol.129, No.7, pp.1444-1450, July 2009.
    [pdf]
  28. H. Asahara, T. Kousaka
    Experimental Validation of a Hybrid Dynamical System with Switching Delay
    Journal of Signal Processing, Vol.13, No.4, pp.307-310, July 2009.
    [pdf]
  29. T. Kousaka, T. Ueta, Y. Ma
    Chaos Control Implementation by Interrupted Electric Circuit with Switching Delay
    International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol. 19, No. 7, pp. 2359-2362, July 2009.
    [pdf]
  30. 麻原 寛之, 鈴木 匠, 高坂 拓司
    スパイクノイズが状態・時刻混合型断続動作特性を有する力学系に及ぼす影響
    電子情報通信学会論文誌A, Vol.J92-A, No.9, pp.596-603, Sep. 2009.
    [pdf]
  31. Q. Brandon, T. Ueta, D. F. Prunaret, Takuji Kousaka
    Numerical Bifurcation Analysis Framework for Autonomous Piecewise-Smooth Dynamical Systems
    Chaos, Solitons and Fractals, Vol.42, Issue 1, 187-201, Oct. 2009.
    [pdf]
  32. T. Kousaka, K. Fujimoto, Y. Ma, H. Kitajima, T. Ueta, H. Kawakami.
    Bifurcations observed in BVP oscillator with periodically switched RC circuit.
    Dynamics of Continuous, Discrete and Impulsive Systems Series A: Mathematical Analysis, Vol. 16, No. 6a, pp. 811-824, 2009.
    [pdf]
  33. H. Asahara, T. Kousaka.
    Bifurcation Analysis in a PWM Current-Controlled H-Bridge Inverter.
    International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol. 21, No. 3, pp. 985-996, Mar. 2011.
    [pdf]
  34. T. Kousaka, H. Asahara
    An Experimental Examination of a PWM-1 Controlled Interrupted Electric Circuit
    IEICE Electronics Express, Vol. 8, No. 15, pp. 1210-1214, Aug. 2011.
    [pdf]
  35. H. Asahara, T. Kousaka
    Qualitative Analysis of an Interrupted Electric Circuit with Spike Noise
    International Journal of Circuit Theory and Applications, Vol. 39, Issue 11, pp. 1177-1187, Nov. 2011.
    [pdf]
  36. H. Asahara, K. Tasaki, K. Aihara, T. Kousaka
    The Stabilizing Mechanism for an Interrupted Dynamical System with Periodic Threshold
    Nonlinear Theory and Its Applications (NOLTA) IEICE, Vol. 3, No.4, pp. 546-556, Apr. 2012.
    [pdf]
  37. 松尾 彰人, 麻原 寛之, 高坂 拓司
    スパイクノイズを有する断続回路にみられるカオスアトラクタの実験的検証
    電気学会論文誌C, Vol.132, No.5, pp.811-812, May 2012.
    [pdf]
  38. A. Matsuo, H. Asahara and T. Kousaka
    Bifurcation Structure of Chaotic Attractor in a Switched Dynamical Systems with Spike Noise
    Chaos, Solitons and Fractals, Vol. 45, Issue 6, pp. 795-804, June 2012.
    [pdf]
  39. A. Matsuo, H. Asahara and T. Kousaka
    Chaotic Behavior in a Switching Delay Circuit
    IEICE Trans. Fundamentals, E95-A, No. 8, pp. 1329-1336, Aug. 2012.
    [pdf]
  40. R. Miyahara, X. Wei, T. Nagashima, T. Kousaka, H. Sekiya
    Design of Class-EM Oscillator With Second Harmonic Injection
    IEEE Trans. Circuits and Systems-I, Vol. 59, No. 10, pp. 2456--2467, Oct. 2012.
    [pdf]
  41. 麻原寛之, 高坂拓司
    スパイクノイズの変動を考慮した断続回路の解析
    電気学会論文誌C, Vol.132 No.11, pp. 1886-1887, Nov. 2012.
    [pdf]
  42. 田中大揮, 麻原寛之, 合原一幸, 高坂拓司
    スパイクノイズを有する2次元合成力学系の定性的性質
    電気学会論文誌C, Vol.133, No.7, pp. 1402-1409, July 2013.
    [pdf]
  43. H. Asahara, T. Kousaka
    Theoretical and Experimental Analysis of a Simple PWM-1 Controlled Interrupted Electric Circuit
    International Journal of Circuit Theory and Applications, Vol. 42, Issue 1, pp. 53-64, Jan. 2014.
    [pdf]
  44. 刀根佑輔, 麻原寛之, 伊藤大輔, 上田哲史, 合原一幸, 高坂拓司
    区分非線形離散時間力学系における局所的分岐点の計算法
    電気学会論文誌C, Vol.134, No.5, pp. 729-736, May 2014.
    [pdf]
  45. Y. Izumi, H. Asahara, T. Kousaka
    Basic Study of Border-Collision Bifurcation in an Electric Circuit Including Fast-Scale and Slow-Scale Dynamics
    Journal of Signal Processing, Vol. 18, No. 4, pp. 153-156, July 2014.
    [pdf]
  46. T. Fujii, H. Asahara, T. Kousaka
    A Simple Stability Analysis Method for Period-1 Solution in a Forced Self-Excited System with Stick-Slip Vibration
    Journal of Signal Processing, Vol. 18, No. 4, pp. 157-160, July 2014.
    [pdf]
  47. H. Asahara, Y. Izumi, Y. Tone, H. Matsumoto, T. Kousaka
    Effect of Time Lag in Response to Switching Signal in Interrupted Electric Circuit
    Circuits, Systems and Signal Processing, Vol. 33, No. 9, pp. 2695--2707, Sep. 2014.
    [pdf]
  48. T. Kousaka, H. Asahara
    Complete Bifurcation Analysis of a Chaotic Attractor in an Electric Circuit with Piecewise-Smooth Characteristics
    IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering, Vol. 9, Isse 6, pp.656--663, Nov. 2014.
    [pdf]
  49. D. Ito, T. Ueta, T. Kousaka, J. Imura, K. Aihara
    Controlling Chaos of Hybrid Systems by Variable Threshold Values
    International Journal of Bifurcation and Chaos, vol. 24, no. 10, pp. 1450125-1--1450125-12, 2014.
    [pdf]
  50. 藤井太就, 麻原寛之, 伊藤大輔, 上田哲史, 高坂拓司
    区分非線形離散時間力学系に生じる Border-collision 分岐の分岐パラメータ計算法
    電気学会論文誌C, Vol.135, No.4, pp. 468-469, Apr. 2015.
    [pdf]
  51. T. Hiramure, H. Asahara, T. Kousaka
    Fast- and Slow-Scale Bifurcations in an Interrupted Circuit with Multiple Inputs
    Journal of Signal Processing, Vol. 19, No. 4, pp. 95-98, 2015.
    [pdf]
  52. 軽部周, 麻原寛之, 高坂拓司
    振動切削系に生じるびびり振動の発生メカニズム
    電子情報通信学会論文誌, Vol. J98-A, No.9, pp. 556-562, 2015.
    [pdf]
  53. N. Inaba, K. Kamiyama, T. Kousaka, T. Endo
    Numerical and experimental observation of Arnol'd resonance webs in an electrical circuit
    Physica D: Nonlinear Phenomena, Vol. 311-312, No. 9, pp. 17-24, 2015.
    [pdf]
  54. D. Ito, T. Ueta, Kousaka and K. Aihara
    Bifurcation Analysis of the Nagumo-Sato Model and its Coupled Systems
    International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.26, No.3, 1630006-1-1630006-11, Mar. 2016.
    [pdf]
  55. 松下春奈, 黒川弘章, 高坂拓司
    2種類の粒子群最適化法による太陽電池モデルの最大電力点探索
    電気学会論文誌C, Vol.136, No.11, pp. 1610-1611, Nov. 2016.
    [pdf]
  56. H. Asahara, S. Banerjee and T. Kousaka
    Relationship of Fast- and Slow-Scale Instabilities in Switching Circuit with Multiple Inputs
    International Journal of Circuit Theory and Applications, Vol. xx, Issue x, pp. xx-xx, xxx. 20xx.
    [pdf]
  57. H. Matsushita, H. Kurokawa and T. Kousaka
    Period Doubling Bifurcation Point Detection Strategy with Nesting Layer Particle Swarm Optimization
    International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.xx, No.x, xxx-x-xxxx-xx, xxx. 2017.
    [pdf]
  58. T. Kousaka, Y. Ogura, K. Shimizu, H. Asahara, N. Inaba
    Analysis of mixed-mode oscillation-incrementing bifurcations generated in a nonautonomous constrained Bonhoeffer–van der Pol oscillator
    Physica D: Nonlinear Phenomena, Vol. xxx, No. xx, pp. xxx-xxx, 2017. (In Press)
    [pdf]

International Conference

  1. T. Kousaka, T. Ueta and H. Kawakami
    Destabilizing Control of Stable Orbits
    In NOLTA’95, Vol. 2, pp. 997-1000, 1995.(Las Vegas, USA)
  2. T. Kousaka, H. Kawakami and T. Ueta
    Synchronization of Electric Fireflies of Square Wave Generators
    In NOLTA’96, pp.321-324, 1996.(Kochi, Japan)
  3. K. Fujimoto, T. Kousaka, H. Kitajima, T. Ueta and H. Kawakami
    BVP oscillator with periodically switched RC circuit
    In NOLTA’97, pp.479-482, 1997.(Hawaii, USA)
  4. T. Kousaka, T. Ueta and H. Kawakami
    Controlling Chaos in Nonlinear Dynamical Systems with Non-Smooth
    In NOLTA’97, pp.471-474, 1997.(Hawaii, USA)
  5. T. Ueta, T. Kousaka and H. Kawakami
    Bifurcation of Switched Nonlinear Dynamical Systems
    In ISCAS’98, Vol.III, pp.465-468, 1998.(Monterey, USA)
  6. T. Kousaka, T. Ueta and H. Kawakami
    Bifurcation of a Nonlinear Circuit with a State-Dependent Switch
    In NOLTA’98, pp.867-870, 1998.(Crans-Montana, Switzerland)
  7. T. Kido, T. Kousaka, T. Ueta and H. Kawakami
    Synchronization of Square Wave Generators Coupled by a Resister
    In NOLTA’99, pp.93-96, 1999.(Hawaii, USA)
  8. T. Kousaka, T. Kido, T. Ueta and H. Kawakami
    Analysis of Border-Collision Bifurcation in a Simple Circuit
    In ISCAS2000, Vol. II, pp.481-484, May 2000.(Geneva, Switzerland)
    [pdf]
  9. T. Kousaka, S. Tahara, T. Ueta, H. Kawakami and M. Abe
    Controlling Chaos of Nonlinear Hybrid System with a State-Period Depended Switch
    In AFSS2000, Vol. I, pp.363-368, 2000(Tsukuba, Japan)
  10. T. Kousaka, M. Matsumoto, T. Ueta, H. Kawakami and M. Abe
    Bifurcation Analysis in Hybrid Nonlinear Dynamical Systems
    In ISCAS2001, Vol. III, pp.281-284, May 2001. (Sydney, Australia)
    [pdf]
  11. T. Kousaka, T. Ueta, H. Kawakami
    Controlling Chaos in a State-Dependent Nonlinear Circuit
    In First Asia-Pacific Workshop on Chaos Control and Synchronization, pp.26-27, 2001.(Shanghai, China)
  12. T. Ueta, T. Kousaka and H. Kawakami
    Strange attractor in resistively coupled bvp oscillators
    In PNS’01, 2001.(Nizhny Novgorod, Russia)
  13. S. Tahara, T. Kousaka, T. Ueta, M. Abe and H. Kawakami
    Experimental Control of Chaotic Behavior in State-Dependent Nonlinear Circuit
    IN NOLTA2001, pp.433-436, Oct. 2001.(Miyagi, Japan)
    [pdf]
  14. T. Kousaka, T. Ueta and H. Kawakami
    Bifurcation Behavior in a Nonlinear Circuit with a State-Period Dependent Switch
    IN NDES2002, pp.3-1-3-4, June 2002.(Izmir, Turkey)
    [pdf]
  15. A. Tsuda, S. Tsuji, T. Ueta, T. Kousaka, and H. Kawakami
    On basin boundary of composite dynamical system with polo assignment
    In NCSP’04, pp.363-366, 2004. (Hawaii, USA)
  16. T. Kousaka and M. Mori
    Bifurcation Analysis in the Piecewise Smooth System
    In IEEE ISCAS2004, Vol. IV, pp.796-799, 2004. (Vancouver, Canada)
    [pdf]
  17. T. Ueta, Y. Toyosaki, S. Tsuji, and T. Kousaka
    Partial delayed feedback control and its dsp implementation
    In IEEE MWSCAS04, Vol. II, pp.629-632, 2004. (Hiroshima, Japan)
  18. T. Kousaka, M. Mori, and Yue MA
    Bifurcation of the Chaotic Attractor in a Simple Piecewise Smooth System
    In NOLTA04, pp.51-54, Nov. 2004. (Fukuoka, Japan)
    [pdf]
  19. Yue MA, T. Kousaka, Chi K. Tse, H. Kawakami
    A General Consideration to Model and Analyze Switched Dynamical Systems
    In NOLTA04, pp.59-62, Nov. 2004. (Fukuoka, Japan)
    [pdf]
  20. T. Ueta, T. Kousaka, T. Kawabe, and S. H. Hyon
    Partial external force control for piecewise smooth dynamical systems
    In IASTED CSS, pp.108-113, 2004(Clearwater, FL, USA)
  21. Y. Toyosaki, T. Ueta, T. Kousaka
    Partial Delayed Feedback Control for Autonomous System
    In NCSP'05, 6PM2-B-2, pp.483-487, Mar. 2005. (Hawaii, USA)
    [pdf]
  22. Y. Ma, C. K. Tse, T. Kousaka, H. Kawamai
    A Subtle Link in Switched Dynamical Systems: Saddle-Node Bifurcation Meets Border Collision
    In IEEE ISCAS2005, pp. 6050-5053, May. 2005. (Kobe, Japan)
    [pdf]
  23. T. Kousaka, Y. Ma
    Bifurcation Analysis in a Hybrid Time Delay System
    In ECCTD2005, pp. I-7 — I-10, Aug. 2005. (Cork, Ireland)
    [pdf]
  24. T. Kousaka, K. Sakamoto, Y. Ma
    Bifurcation and Chaos in a PWM Current-Mode H-Bridge Inverter
    In NCNSD2006, pp. 141-144, Feb. 2006. (Chennai, India)
    [pdf]
  25. Y. Toyosaki, T. Ueta, T. Kousaka
    witch Synchronizing Delayed Feedback Control for Piecewise Linear Systems
    In NCSP’06,pp.203-206, Mar. 2006. (Hawaii, USA)
  26. Y. Toyosaki, T. Ueta, T. Kousaka
    witch Synchronizing Delayed Feedback Control for Piecewise Linear Systems
    In IEEE ISCAS2006, pp. 3702-3705, May. 2006. (Island of Kos, Greece)
    [pdf]
  27. Y. Ma, S. Banerjee, T. Kousaka, T. Ueta
    lassification and Analytical Method of Switched Dynamical Systems
    In NOLTA06, pp.63-66, Sep. 2006. (Bologna, Italy)
  28. Y. Ma, S. Mizuochi, T. Kousaka
    A method of systematic analysis of hybrid dynamical systems, and its application in power electronics
    In. ICIT 2006, pp.1966-1971, Dec. 2006. (Mumbai, India)
    [pdf]
  29. N. Oda, T. Kousaka, Y. Ma, T. Ueta Student Paper Award / 2007 IEEE Student Award of The IEEE Fukuoka Section
    Chaos in a Piecewise Smooth System with Switching Delay and its Control
    In NCSP'07, pp.341-344, Mar. 2007. (Shangai, China)
    [pdf]
  30. M. Mizumoto, T. Ueta, T. Kousaka, H. Kawakami
    Bifurcation Analysis of Duffing-Rayleigh Equation
    IN NDES2007, pp.281-284, Jul. 2007.(Tokushima, Japan)
    [pdf]
  31. Q. Brandon, T. Ueta, T. Kousaka
    Local Bifurcations of Nonlinear Hybrid Systems
    In NOLTA07, pp.160-163, Sep. 2007. (Vancouver, Canada) (In press)
  32. N. Oda, T. Kousaka, Y. Nishio
    Bifurcation Analysis of Composite Dynamical Systems Containing Switching Delay
    In NCNSD2008, pp. 87, Jan. 2008. (Ahmedabad, India)
    [pdf]
  33. T. Suzuki,T. Kousaka, Y. Ma Student Paper Award
    Dynamical Effects of Spike Noise in a Simple Piecewise Smooth System
    In NCNSD2008, pp. 48, Jan. 2008. (Ahmedabad, India)
    [pdf]
  34. Y. Kagami, S. Tomonaga, Y. Ma, T. Kousaka
    Qualitative analysis in a second-order impact model for forest fire
    In NCSP’08, pp.200-203, Mar. 2008. (Gold Coast, Australia)
    [pdf]
  35. T. Ozasa, Y. Murai, Y. Ma, T. Kousaka
    Bifurcation Structure of a simple PWM-1 voltage-mode-controlled circuit
    In NCSP'08, pp.204-207, Mar. 2008. (Gold Coast, Australia)
    [pdf]
  36. T. Suzuki Y. Ma, T. Kousaka
    Bifurcation Analysis in a Simple Piecewise Smooth System with a Spike Noise
    In NCSP’08, pp.307-310, Mar. 2008. (Gold Coast, Australia)
    [pdf]
  37. S. Tomonaga, Y. Ma, T. Kousaka Outstanding Student Paper Award / 2008 IEEE Student Award of The IEEE Fukuoka Section
    Bifurcation Phenomena Observed in a Square Wave Oscillator Coupled by a Resistor
    In NCSP’08, pp.311-314, Mar. 2008. (Gold Coast, Australia)
    [pdf]
  38. S. Tomonaga, T. Kousaka
    Synchronized States in Square Wave Oscillators Coupled by a Capacitor
    In NOLTA08, pp.349-352, Sep. 2008. (Budapest, Hungary)
    [pdf]
  39. Q. Brandon, T. Ueta, T. Kousaka, Daniele Fournier-Prunaret
    Numerical Bifurcation Analysis of Systems with Variable Switching Con- ditions
    In NOLTA08, pp.428-431, Sep. 2008. (Budapest, Hungary)
    [pdf]
  40. H. Asahara, T. Kousaka Student Paper Award / 2009 IEEE Student Award of The IEEE Fukuoka Section
    Experimental Confirmation of a Simple Interrupted Circuit with Switching Delay In NCSP’09, pp.85-88, Mar. 2009. (Hawaii, USA)
    [pdf]
  41. T. Watanabe, S. Kudoh, S. Tomonaga, S. Karube, T. Kousaka
    Control of Simple Nonlinear Vibration System with Pulse Simulation
    In NCSP’09, pp.483-486, Mar. 2009. (Hawaii, USA)
    [pdf]
  42. T. Akiyama, H. Asahara, T. Kousaka
    Realization of Simple Interrupted Electric Circuit with the Spike Noise and its Analysis In NCNSD2009, No. 12(pp.1-4), Mar. 2009. (Kolkata, India)
    [pdf]
  43. I. Nishinaga, S. Tomonaga, S. Karube, T. Kousaka
    Qualitative Analysis of a Rigid Overhead wire-Pantograph System In NCNSD2009, pp. 15(pp.1-4), Mar. 2009. (Kolkata, India)
    [pdf]
  44. S. Tomonaga, M. Tsuji, T. Kousaka
    Bifurcation Phenomena Observed in a Switcthed Dynamical System with PWM-1 Control
    IN NDES2009, pp.46-49, Jun. 2009.(Rapperswil, Switzerland)
  45. H. Asahara, T. Kousaka
    Effect of Switching Delay in an Interrupted Electric Circuit
    IN NDES2009, pp.146-149, Jun. 2009.(Rapperswil, Switzerland)
    [pdf]
  46. I. Nishinaga, S. Tomonaga, S. Karube, T. Kousaka
    Fundamental Property of a Nonlinear Vibration System Based on a Rigid Overhead Wire-Pantograph System
    IN ICCCAS2009, pp.868-871, July 2009.(San Jose, USA)
    [pdf]
  47. H. Asahara, T. Kousaka
    Experimental Study of an Interrupted Electric Circuit with Spike Noise
    In ECCTD2009, pp. 667 — 670, Aug. 2009. (Antalya, Turkey)
    [pdf]
  48. S. Tomonaga, K. Tsumoto, T. Kousaka
    Analyzing Method of Bifurcation Phenomena for Two-dimensional Impact Oscillators with Fixed Border
    In NOLTA09, pp.187-190, Oct. 2009. (Hokkaido, Japan)
  49. H. Asahara, T. Kousaka
    Analysis of a Switched Dynamical System with Spike Noise
    In NOLTA09, pp.125-128, Oct. 2009. (Hokkaido, Japan)
    [pdf]
  50. T. Watanabe, S. Karube and T. Kousaka
    Numerical Analysis of an Impact Oscillator with Interrupted Periodic Force
    Proceedings of IEEE Workshop on Nonlinear Circuit Networks (NCN'09), pp.9-10, Dec. 2009.
    [pdf]
  51. K. Tasaki, H. Asahara and T. Kousaka
    Dynamic behavior of PWM-1 controlled circuit with switching delay
    Proceedings of IEEE Workshop on Nonlinear Circuit Networks (NCN'09), pp.17-18, Dec. 2009.
    [pdf]
  52. A. Matsuo, H. Asahara and T. Kousaka
    Invariant Interval of the Chaotic Attractors in a Switched Dynamical System with Spike Noise
    Proceedings of IEEE Workshop on Nonlinear Circuit Networks (NCN'09), pp.21-23, Dec. 2009.
    [pdf]
  53. A. Matsuo, H. Asahara, T. Kousaka
    Existence Region of Chaotic Attractor in a Hybrid Dynamical System with Spike Noise
    Proc. NCSP’10, pp.117-120, Mar. 2010. (Hawaii, USA)
    [pdf]
  54. T. Watanabe, S. Karube, T. Kousaka
    Bifurcation Phenomena of an Impact Oscillator Excited by Interrupted Periodic Force
    Proc. NCSP’10, pp.121-124, Mar. 2010. (Hawaii, USA)
    [pdf]
  55. H. Furukawa, H. Asahara, T. Kousaka Student Paper Award
    An Experimental Study of an Interrupted Circuit with PWM-1 Control
    Proc. NCSP’10, pp.137-140, Mar. 2010. (Hawaii, USA)
    [pdf]
  56. Y. Shimizu, S. Karube, T. Kousaka
    Fundamental Considerations in Cantilever Beam System with Interrupted Characteristic
    Proc. NCSP’10, pp.141-144, Mar. 2010. (Hawaii, USA)
    [pdf]
  57. K. Tasaki, H. Asahara, T. Kousaka
    An Experimental Investigation of PWM-1 Controlled Circuit with Time Delay
    Proc. NDES 2010, pp.118-121, May 2010. (Dresden, Germany)
  58. H. Asahara, T. Kousaka
    Qualitative Mechanism of DC/DC Converter containing Spike Noise
    Proc. NDES 2010, pp.122-125, May 2010. (Dresden, Germany)
  59. A. Matsuo, H. Asahara, T. Kousaka
    An Implementation Analysis of the Chaotic Attractor in an Interrupted Circuit with Spike Noise
    Proc. ITC-CSCC 2010, pp.221-224, Jul. 2010. (Pattaya, Thailand)
  60. H. Asahara, T. Kousaka Student Paper Award
    Nonlinear Dynamics in Buck-Boost Converter with Spike Noise
    Proc. NOLTA2010, pp.253-256, Sep. 2010. (Krakow, Poland)
    [pdf]
  61. S. Hirashima, S. Karube, T. Kousaka
    Numerical Calculation Method of Characteristic Multiplier for the Fixed Point in a Rigid Overhead Wire-Pantograph System
    Proc. NOLTA2010, pp.249-252, Sep. 2010. (Krakow, Poland)
    [pdf]
  62. K. Tasaki, T. Kousaka
    Effect of the Periodic Border in an Interrupted System Depending on its State and Periodic Interval
    Proc. IEEE Workshop on Nonlinear Circuit Networks (NCN'10), pp.85-87, Dec. 2010.
  63. A. Matsuo, H. Asahara, T. Kousaka
    Experimnetal Demonstration of Chaotic Attractor in a Time Delay Intereupted Circuit
    Proc. IEEE Workshop on Nonlinear Circuit Networks (NCN'10), pp.19-22, Dec. 2010.
    [pdf]
  64. S. Tomonaga, T. Kousaka
    A Shooting Method for Two-Dimensional Switched Dynamical System with State Interrupted Characteristics
    Proc. NDES2011, pp. ??-??, Mar. 2011. (Kolkata, India)
  65. K. Tasaki, T. Kousaka
    A Possibility of Stabilizing Method in a Piecewise Smooth System
    Proc. NCSP2011, pp. 1-4, Mar. 2011. (Tianjin, China)
  66. D. Tanaka, H. Asahara, T. Kousaka
    Qualitative Property of Two-Dimensional Buck-Boost Converter Containing Spike Noise
    Proc. ITC-CSCC 2011, pp.776-779, Jun. 2011. (Gyeongju, Korea)
    [pdf]
  67. J. Hosokawa, H. Asahara, T. Kousaka
    Bifurcation Phenomena in an Electric Impact Oscillator
    Proc. ITC-CSCC 2011, pp.870-873, Jun. 2011. (Gyeongju, Korea)
    [pdf]
  68. M. Yamanaka, K. Tasaki, T. Kousaka
    Stabilization of Observable Chaos in an Interrupted Circuit Using the Periodic Border
    Proc. ITC-CSCC 2011, pp.878-881, Jun. 2011. (Gyeongju, Korea)
    [pdf]
  69. A. Takahashi, K. Tsumoto, K. Aihara, T. Kousaka
    Numerical Method for Bifurcation Analysis in an Impact Oscillator with Fixed Border
    Proc. ECCTD 2011, pp. 257-260, Aug. 2011. (Linkoping, Sweden)
    [pdf]
  70. H. Asahara, S. Karube, K. Aihara, T. Kousaka
    Appearance of the Grazing Bifurcation in an Impact Model with Three Mass Points
    Proc. NOLTA 2011, pp. 17-20, Sep. 2011. (Kobe, Japan)
    [pdf]
  71. M. Yamanaka, K. Tasaki, T. Kousaka
    Dynamical Effect of the Periodic Border in a Chaotic Interrupted System
    Proc. NOLTA 2011, pp. 236-239, Sep. 2011. (Kobe, Japan)
    [pdf]
  72. T. Nishina, S. Tsuji, T. Kousaka
    Bifurcations in BVP Oscillators Coupled by Periodical Switching
    Proc. NOLTA 2011, pp. 314-317, Sep. 2011. (Kobe, Japan)
    [pdf]
  73. A. Takahashi, H. Sekiya, K. Aihara, T. Kousaka
    Numerical Determination of the Grazing Bifurcation Thresholds in an Impact Oscillator with Fixed Border
    Proc. NOLTA 2011, pp. 573-576, Sep. 2011. (Kobe, Japan)
    [pdf]
  74. R. Nakamura, H. Sekiya, T. Kousaka
    The Dynamic Behavior of the Class-EM Amplifier Ouiside of Nominal Conditions
    Proc. NOMA 2011, pp. 38-40, Sep. 2011. (Evora, Portugal)
    [pdf]
  75. H. Asahara, M. Yamanaka, T. Kousaka
    Numerical Analysis of the Parallel-Connected DC/DC Converters with Switching Delay
    Proc. NOMA 2011, pp. 67-69, Sep. 2011. (Evora, Portugal)
    [pdf]
  76. K. Tasaki, T. Kousaka
    Bifurcation Phenomena in an Interrupted Dynamical System with Periodic Border
    Proc. IEEE Workshop on Nonlinear Circuit Networks (NCN'11), pp.31-33, Dec. 2011.
  77. D. Tanaka, H. Asahara, T. Kousaka
    Effect of Spike Noise in Buck-Boost Converter Operated in Discontinuous Conduction Mode
    Proc. IEEE Workshop on Nonlinear Circuit Networks (NCN'11), pp.34-36, Dec. 2011.
    [pdf]
  78. J. Hosokawa, H. Asahara, T. Kousaka
    Dynamic Behavior of the Electric Bouncing Ball
    Proc. IEEE Workshop on Nonlinear Circuit Networks (NCN'11), pp.61-63, Dec. 2011.
    [pdf]
  79. A. Matsuo, H. Asahara, T. Kousaka
    Generation of New Bifurcation Structure in an Interrupted Electric Circuit with Spike Noise
    Proc. IEEE Workshop on Nonlinear Circuit Networks (NCN'11), pp.64-66, Dec. 2011.
    [pdf]
  80. Y.Shimizu, H. Sekiya, K. Aihara, T. Kousaka
    Improvement of the Calculation Method for the Grazing Bifurcation Point in Two-dimensional Impact Oscillator
    Proc. NCSP'12, pp. 5-8, Mar. 2012. (Hawaii, USA)
    [pdf]
  81. D. Tanaka, H. Asahara, T. Kousaka
    Bifurcation in Buck Converter with Time Delay
    Proc. NCSP'12, pp.138-141, Mar. 2012. (Hawaii, USA)
    [pdf]
  82. K. Tasaki, H. Asahara, T. Kousaka Student Paper Award
    Observation of Bifurcation Phenomena in PWM-1 Controlled System with Switching Delay
    Proc. NCSP'12, pp. 457-460, Mar. 2012. (Hawaii, USA)
    [pdf]
  83. A. Matsuo, H. Asahara, T. kousaka
    Effect Analysis of the Switching Delay in the Chaotic Attractor Observed in a Simple Interrupted Circuit
    Proc. NCSP'12, pp. 595-598, Mar. 2012. (Hawaii, USA)
    [pdf]
  84. A. Takahashi, H. Sekiya, K. Aihara and T. Kousaka
    A Numerical Approach to Calculate Grazing Bifurcation Points in an Impact Oscillator with Periodic Boundaries
    Proc. IEEE ISCAS2012, pp. 2111-2114, May 2012. (Seoul, Korea)
    [pdf]
  85. G. Ikeda, A. Kazuyuki, T. Kousaka
    Calculation Method of Bifurcation Point for an Impact Oscillator with Periodic Function
    Proc. CHAOS 2012, pp. 225-232, Jun. 2012. (Athens, Greece)
    [pdf]
  86. H. Asahara, S. Banerjee, T. Kousaka
    Stability Analysis in the Current-Mode Controlled DC/DC Buck Converter with Switching Delay
    Proc. NDES 2012, pp.38-41, Jul. 2012. (Wolfenbuttel, Germany)
    [pdf]
  87. Y. Izumi, H. Asahara, T. Kousaka
    Experimental Investigation of an Interrupted Electric Circuit with Fast-Slow Bifurcation
    Proc. NDES 2012, pp.112-115, Jul. 2012. (Wolfenbuttel, Germany)
    [pdf]
  88. H. Asahara, T. Kousaka
    Fundamental Characteristics of an Electric Circuit with Two State- and Time-Dependent Interrupted Switches
    Proc. ITC-CSCC 2012, B-T3-01, Jul. 2012. (Sapporo, Japan)
    [pdf]
  89. J. Hosokawa, H. Asahara, T. Kousaka
    Stability Analysis in an Electrical Bouncing Ball Model
    Proc. ITC-CSCC 2012, P-T3-19, Jul. 2012. (Sapporo, Japan)
    [pdf]
  90. Y. Yamamoto, H. Asahara, D. Ito, T. Ueta, K. Aihara, T. Kousaka
    Experimental Control of Chaos via Switching Threshold in an Interrupted Electric Circuit
    Proc. ITC-CSCC 2012, B-T2-05, Jul. 2012. (Sapporo, Japan)
    [pdf]
  91. K. Nakadoi, H. Asahara, S. Karube, T. Kousaka
    The Implementation Experiment of an Impact Oscillator with Two Mass System Based on a Pair of Gears
    Proc. ITC-CSCC 2012, B-T3-05, Jul. 2012. (Sapporo, Japan)
    [pdf]
  92. D. Tanaka, H. Asahara, T. Kousaka
    Fundamental Characteristic of Buck-Boost Converter with Spike Noise
    Proc. ITC-CSCC 2012, B-T2-04, Jul. 2012. (Sapporo, Japan)
    [pdf]
  93. M. Yamanaka, H. Asahara, T. Kousaka
    A Two-dimensional Analysis in a Buck-Boost Converter Using the Periodic Border
    Proc. ITC-CSCC 2012, P-T3-24, Jul. 2012. (Sapporo, Japan)
    [pdf]
  94. H. Asahara, J. Hosokawa, K. Aihara, S. Banerjee, T. Kousaka
    Almost Super Stable Periodic Orbit in an Electric Impact Oscillator
    Proc. NOLTA 2012, pp.832-835, Oct. 2012. (Majorca, Spain)
    [pdf]
  95. R. Nakamura, X. Wei, T. Kousaka, H. Sekiya
    Bifurcation in Injection-locked Class-EM Oscillator
    Proc. NOLTA 2012, pp. 691-694, Oct. 2012. (Majorca, Spain)
  96. Y. Tone, H. Asahara, T. Ueta, K. Aihara, T. Kousaka
    A Method for the Computation of Border Collision Bifurcation Point in a Piecewise Linear System with Interrupted Characteristics
    Proc. NOLTA 2012, pp. 828-831, Oct. 2012. (Majorca, Spain)
    [pdf]
  97. G. Ikeda, H. Asahara, A. Kazuyuki, T. Kousaka
    Derivation Method of the Bifurcation Point for the Periodic Solution in an Impact Oscilator with Periodic Local Cross-Section
    Proc. NOLTA 2012, pp. 891-894, Oct. 2012. (Majorca, Spain)
    [pdf]
  98. K. Nakamura, H. Asahara, T. Kousaka
    Analysis of an Interrupted Electric Circuit with Non-Ideal Switching
    Proc. NOLTA 2012, pp. 836-839, Oct. 2012. (Majorca, Spain)
    [pdf]
  99. G. Ikeda, H. Asahara, K. Aihara, T. Kousaka
    A Search Algorithm of Bifurcation Point in an Impact Oscillator with Periodic Threshold
    Proc. APCCAS 2012, pp. 200-203, Dec. 2012. (Kaohsiung, Taiwan)
    [pdf]
  100. Y. Izumi, H. Asahara, T. Kousaka
    Analysis of an Interrupted Circuit with Fast-Slow Bifurcation
    Proc. APCCAS 2012, pp. 96-99, Dec. 2012. (Kaohsiung, Taiwan)
    [pdf]
  101. H. Asahara, T.Kousaka
    Stability Analysis for the Interrupted Dynamical Systems
    Proc. IEEE Workshop on Nonlinear Circuit Networks (NCN'12), pp.14-15, Dec. 2012. (Tokushima, Japan)
    [pdf]
  102. M. Yamanaka, H. Asahara, K.Aihara, T.Kousaka
    Bifurcation Phenomena in an Interrupted Dynamical System with Periodic Border
    Proc. IEEE Workshop on Nonlinear Circuit Networks (NCN'12), pp.45-47, Dec. 2012. (Tokushima, Japan)
    [pdf]
  103. M. Yamanaka, H. Asahara, K.Aihara, T. Kousaka
    Effect Anallysis of the Periodic Border in a Buck-Boost Converter
    Proc. NCSP2013, pp.41-44, Mar. 2013.(Hawaii, USA)
    [pdf]
  104. Y. Tone, H. Asahara, K. Aihara, T. Kousaka
    Calculation Method of Stability for Two-degree-of-freedom Vibro-impact Systems
    Proc. NCSP'13, pp.53-56, Mar. 2013.(Hawaii, USA)
    [pdf]
  105. H. Asahara, K. Aihara, T. Kousaka
    Stability Analysis of an Interrupted Circuit with Fast-scale and Slow-scale Bifurcations
    Proc. of The IEEE 10th International Conference on Power Electronics and Drive Systems (PEDS), pp. 12-15, Apr. 2013. (Kitakyushu, Japan).
    [pdf]
  106. H. Asahara, Y. Izumi, T. Kousaka
    Bifurcation Phenomena Observed in an Interrupted Electric Circuit with Two Switches
    Proc. of 6th Chaotic Modeling and Simulation International Conference, p.54, Jun. .2013.
    [pdf]
  107. H. Asahara, T. Kousaka
    An Effective Stability Analysis Method for the Linear Impact Oscillators
    Proc. of Nonlinear Theory and Its Applications (NOLTA) IEICE, pp. 110-113, Sep. 2013. (Santa Fe, USA)
  108. T.Takenaka, Y.Tone, H.Asahara, K.Aihara, T.Kousaka
    A Calculation Method for a Local Bifurcation Point in a Two-dimensional Impact Oscillator with the Exact Solution
    Proc. of International Workshop on Nonlinear Maps and their Applications (NOMA'13), pp. 65-68, Sep. 2013. (Zaragoza, Spain)
  109. Y. Izumi, H. Asahara, T. Kousaka
    Experimental Study of an Interrupted Electric Circuit with Two Different Periodic External Forces
    Proc. IEEE Workshop on Nonlinear Circuit Networks (NCN'13), pp. 20-21, Dec. 2013. (Tokushima, Japan)
    [pdf]
  110. Y. Tone, H. Asahara, K. Aihara, T. Kousaka
    A Stability Algorithm for an Impact Pair with Exact Solution
    Proc. IEEE Workshop on Nonlinear Circuit Networks (NCN'13), pp. 55-56, Dec. 2013. (Tokushima, Japan)
    [pdf]
  111. T. Fujii, N. Inaba, T. Kousaka Student Paper Award
    A Simple Stability Analysis Method for Period-1 Solution in Stick-Slip Vibration
    Proc. of Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP),
    pp. 193-196, Mar. 2014. (Hawaii, USA)
    [pdf]
  112. Y. Izumi, H. Asahara, T. Kousaka Student Paper Award
    Dynamical Effect of Border-Collision Bifurcation in an Interrupted Electric Circuit with Two Periodic External Forces
    Proc. of Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP),
    pp. 189-192, Mar. 2014. (Hawaii, USA)
    [pdf]
  113. Y. Ogura, H. Asahara, T, Kousaka
    Stability of State-Period Dependent Non-linear Hybrid Dynamical System
    Proc. of 7th Chaotic Modeling and Simulation International Conference,
    pp. 349-356, Jun. 2014. (Lisbon, Portugal)
    [pdf]
  114. H. Amano, H. Asahara, T. Kousaka
    A Stability Analysis Method for Period-1 Solution in Two-mass Impact Oscillator
    Proc. of Nonlinear Dynamics of Electronic Systems (NDES) CCIS, pp. 37-44, Jul. 2014. (Albena, Bulgaria)
    [pdf]
  115. M. Kumamoto, H. Asahara, S. Karube, T. Kousaka
    Grazing Bifurcation and Contact Vibration in Impact Oscillator with Two Mass Points
    Proc. of The 29th International Technical Conference on Circuits/Systems Computers and Communications, pp. 484-487, Jul. 2014. (Phuket, Thailand)
    [pdf]
  116. S. Shosui, T. Fujii, H. Asahara, T. Kousaka
    Qualitative Behavior for Simple H-Bridge Inverter
    Proc. of 2014 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications, pp. 890-893, Sep. 2014. (Luzern, Switzerland)
    [pdf]
  117. T. Hiramure, T. Fujii, H. Asahara, T. Kousaka Student Paper Award
    Analysis of Bifurcation Phenomena in a Circuit with Multiple Inputs
    Proc. of 2015 International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP), pp. 603-606, Mar. 2015. (Kuala Lumpur, Malaysia)
    [注] [pdf]
  118. H. Amano, H. Asahara, T. Kousaka
    Stability Calculation of Period-m Solution in an Impact Pair
    Proc. of 2015 International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP), pp. 607-610, Mar. 2015. (Kuala Lumpur, Malaysia)
    [pdf]
  119. H. Asahara, T, Kousaka.
    Nonlinear Oscillation in Current-Mode Controlled dc/ac Inverter.
    Proc. of 8th Chaotic Modeling and Simulation International Conference, pp. ?? - ??, 2015. (Paris, France) (In press)
  120. N. Inaba, T. Endo, T. Kousaka, K. Shimizu
    Complex chaos disappearance generated in a Bonhoeffer-van der Pol oscillator under a weak periodic perturbation
    Proc. ITC-CSCC 2015, 747-750, Jun. 2015. (Seoul, Korea)
    [pdf]
  121. D. Ito, M. Sekikawa, T. Kousaka, T. Ueta, H. Kawakami
    Bursting of Transition Dynamics on Series Coupled Two Operational amplifiers
    Proc. of 2015 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications, pp. 181-184, Dec. 2015. (Hong Kong, China)
    [pdf]
  122. K. Miyamoto, D. Ito, H. Asahara, T. Kousaka, T. Ueta, H. Kawakami
    Circuit Experiments for Bifurcation of Time Wave Forms on Forced LED Fireflies
    Proc. of 2015 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications, pp. 836-839, Dec. 2015. (Hong Kong, China)
    [pdf]
  123. H. Kawano, T. Kousaka, H. Asahara
    Dynamic Behavior of Current-Controlled Full Bridge Inverter
    Proc. of 2015 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications, pp. 930-933, Dec. 2015. (Hong Kong, China)
    [pdf]
  124. T. Sasada, D. Ito, T. Ueta, H. Ohtagaki, T. Kousaka, H. Asahara
    Controlling Unstable Orbits via Varying Switching Time in a Simple Hybrid Dynamical Systems
    Proc. of 2015 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications, pp. 475-478, Dec. 2015. (Hong Kong, China)
    [pdf]
  125. M. Wakai, H. Amano, Y. Ogura, N. Inaba, H. Asahara, T. Kousaka
    Bifurcation Phenomenon from Stick-slip Vibration to Slip Vibration in the Non-autonomous System with Dry Friction
    Proc. of 2015 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications, pp. 934-937, Dec. 2015. (Hong Kong, China)
    [pdf]
  126. H. Asahara, T. Kousaka
    Application of a Stabilizing Method Using Periodic Threshold to Current-Controlled DC/DC Converters
    Proc. of 2016 International Conference on Applications in Nonlinear Dynamics, pp. xxx-xxx, Aug. 2016. (Denver, USA)
    [pdf]
  127. S. Karube, T. Kousaka, Y. Kawazu
    Dynamic Behavior of a Bouncing Ball
    Proc. of 2016 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications, pp. 60-63, Nov. 2016.(Yugawara, Japan)
    [pdf]
  128. Y. Hasesaka, K. Mori, T. Kousaka, H. Ohtagaki, H. Asahara
    Nonlinear Oscillation of a Photovoltaic Cell Booster
    Proc. of 2016 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications, pp. 68-70, 2016.(Yugawara, Japan)
    [pdf]
  129. H. Fukue, T. Kousaka, T. Ueta, D. Ito, H. Ohtagaki, H. Asahara
    A Switching Ripple Reduction Technique for Current-Controlled 1-Dimensional DC/DC Boost Converter
    Proc. of 2016 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications, pp. 149-151, 2016.(Yugawara, Japan)
    [pdf]
  130. S. Hayashida, H. Asahara, T. Kousaka
    Qualitative Behavior of Nonideal Switching Circuit with Two-Periodic Inputs
    Proc. of 2016 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications, pp. 160, 2016.(Yugawara, Japan)
    [pdf]
  131. S. Osada, H. Asahara, T. Kousaka
    Bifurcation Analysis of DC/DC Converter Connected Photovoltaic Cell
    Proc. of 2017 International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP), pp. 457-460, Mar. 2017. (Guam, USA)
    [pdf]
  132. S. Osada, H. Asahara, T. Kousaka
    Qualitative Analysis of DC/DC Converter Connected Different PV Cell Expression
    Proc. ITC-CSCC 2017, xxx-xxx, Jun. 2017. (Busan, Korea)
    [pdf]

Domestic Conference(In japanese)

  1. 高坂拓司, 上田哲史, 川上博.
    BVP発信器に見られる分岐現象の解析.
    平成6年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, pp.13, 1994.
  2. T. Kousaka, T. Ueta and H. Kawakami.
    Destabilizing Orbits by Controlling Chaos.
    平成7年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, pp.125, 1995.
  3. 高坂拓司, 川上博, 上田哲史.方形波発振器を用いた電子ホタルの同期現象.
    平成8年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, p.20, 1996.
  4. 高坂拓司, 上田哲史, 川上博.不連続な非線形特性を持つ系にみられるリミットサイクルの分岐.
    電子情報通信学会総合大会講演論文集, A-2-36, p.93, 1997.
  5. 高坂拓司, 上田哲史, 川上博.状態に依存したスイッチで制御される非線形断続回路のカオス制御.
    平成9年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, p.115, 1997.
  6. 藤本憲市,高坂拓司, 林保幸, 川上博.スイッチで制御されるRC回路を付加したBVP発振器.
    平成9年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, no.1-23, 1997.
  7. 高坂拓司, 川上博, 上田哲史.DC-DCコンバータ回路における分岐計算法.
    平成10年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, p.82, 1998.
  8. 木戸高志, 高坂拓司, 川上博, 上田哲史.方形波発振器の同期現象の解析.
    平成10年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, p.15, 1998.
  9. T. Ueta, T. Kousaka and G. Chen.A New Numerical Algorithm for Neimark-Sacker Bifurcation.
    平成10年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, no.1-9, 1998.
  10. 木戸高志, 高坂拓司, 川上博, 上田哲史.Border-Collision分岐を生じる簡素な回路.
    平成11年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, p.13, 1999.
  11. 高坂拓司, 上田哲史, 川上博.時刻・状態混合型断続特性を有する非線形系の分岐.
    平成12年度電気関係学会中国支部連合大会講演論文集, p.538, 2000.
  12. 河野信宏, 高坂拓司, 安陪稔. 電気学会中国支部奨励賞
    新型複巻電動機を塔載した電気自転車の走行特性シミュレーション.
    平成12年度電気関係学会中国支部連合大会講演論文集, p.451, 2000.
  13. 原田秀明, 高坂拓司, 川上博, 安陪稔 .バックコンバータ回路に見られる分岐現象の解析.
    平成12年度電気関係学会中国支部連合大会講演論文集, p.539, 2000.
  14. 松本光史, 高坂拓司, 川上博, 安陪稔.区分的に滑らかな離散力学系に見られる周期解の分岐とカオス.
    平成12年度電気関係学会中国支部連合大会講演論文集, p.540, 2000.
  15. 田原正一, 高坂拓司, 上田哲史, 川上博, 安陪稔.
    ハイブリッドシステムに発生するカオスの制御.
    平成12年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, p.5, 2000.
  16. 河野信宏, 高坂拓司, 安陪稔.
    電気自転車用新型複巻電動機の提案.
    平成12年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, p.63, 2000.
  17. 田原正一, 高坂拓司, 上田哲史, 川上博.
    ハイブリッドシステムにおけるカオス制御.
    平成13年度電気関係学会中国支部連合大会講演論文集, p.484, 2001.
  18. 高坂拓司, 上田哲史, 川上博.
    状態依存型断続特性を有する非線形力学系に発生するカオスの実験的制御.
    平成13年度電気関係学会中国支部連合大会講演論文集, pp.485, 2001.
  19. 原田秀明, 高坂拓司, 川上博, 安陪稔.
    バックコンバータ回路にみられるborder-collision分岐について.
    平成13年度電気関係学会中国支部連合大会講演論文集, p.486, 2001.
  20. 橋本直英,高坂拓司,安陪稔.
    電気自転車用新形高効率電動機の研究.
    平成13年度電気関係学会中国支部連合大会講演論文集, p.516, 2001.
  21. 橋本直英, 高坂拓司, 安陪稔.
    電気自転車用新形電動機の高効率化に関する研究.
    平成13年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, p.65, 2001.
  22. 安原義仁, 高坂拓司, 上田哲史, 川上博.
    周期開閉スイッチを有する非線形回路に発生するカオスの制御.
    平成13年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, p.17, 2001.
  23. 橋本直英, 高坂拓司, 安陪稔.
    電気自転車用新形高効率電動機の研究.
    平成14年電気学会全国大会講演論文集, 5-139, 2002.
  24. 橋本直英, 高坂拓司, 安陪稔.
    新形複巻電動機を搭載した電気自動車の走行特性試験.
    平成14年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, p.58, 2002.
  25. 岡本明典, 高坂拓司, 上田哲史, 川上博.
    断続動作特性を有する回路に発生するカオスの効果的な制御法.
    成14年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, p.18, 2002.
  26. 橋本直英, 高坂拓司, 安陪稔. 電気学会中国支部奨励賞
    電気自動車用新形電動機に関する研究.
    平成14年度電気関係学会中国支部連合大会講演論文集, p101, 2002.
  27. 安原義仁, 高坂拓司, 上田哲史,川上博.
    状態時刻混合型断続動作特性を有する非線形力学系における分岐現象の解析.
    平成14年度電気関係学会中国支部連合大会講演論文集, p13, 2002.
  28. 森 正彦,高坂 拓司.
    しきい値が周期的に変化する区分的になめらかな系について
    平成14年度電気関係学会中国支部連合大会講演論文集, p14, 2002.
  29. 谷崎弘一, 安原義仁, 高坂拓司,上田哲史, 川上博.
    2次元非自律系にみられるカオスの実験的制御.
    平成14年度電気関係学会中国支部連合大会講演論文集,p15,2002.
  30. 安原義仁, 岡本明典, 高坂拓司, 上田哲史, 川上博.n次元非自律系にみられるカオスの制御義について.
    電子情報通信学会総合大会講演論文集, A-2-21, p.55, 2003.
  31. 安原義仁, 高坂拓司, 安陪稔.
    磁気非線形回路の過渡現象解析.
    平成15年度電気関係学会中国支部連合大会講演論文集, p89, 2003.
  32. 森正彦, 高坂拓司.
    区分的に滑らかな系にみられる分岐現象とカオス.
    平成15年度電気関係学会中国支部連合大会講演論文集, p14, 2003.
  33. 北森庸寛, 高坂拓司.
    ペットボトル発振器に生じる同期現象.
    平成15年度電気関係学会中国支部連合大会講演論文集, p15, 2003.
  34. 岡田俊二, 高坂拓司, 上田哲史, 川上博.
    周期外力を印加したBVP発振器にみられるカオスの制御.
    平成15年度電気関係学会中国支部連合大会講演論文集, p18, 2003.
  35. 三上卓也, 高坂拓司, 安陪稔.
    電気自動車用新形電動機に関する走行シミュレーション.
    平成15年度電気関係学会中国支部連合大会講演論文集, p83, 2003.
  36. 森正彦, 高坂拓司.
    4領域で構成される区分的に滑らかな系の分岐.
    平成15年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, p16, 2003.
  37. 津田淳志, 上田哲史, 高坂拓司, 川上博.
    極配置法カオス制御におけるベイスンについて.
    平成15年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, p29, 2003.
  38. 竹村和茂, 高坂拓司, 安陪稔.
    新形複巻電動機を搭載した電気自動車の回生制動特性.
    平成15年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, p77, 2003.
  39. 森正彦, 高坂拓司.
    状態と時刻で動作するスイッチを有する簡素な回路の解析.
    平成15年度電子情報通信学会全国大会講演論文集, p59, 2004.
  40. 森正彦, 高坂拓司.
    しきい値が周期的に変化する区分的に滑らかな系の分岐解析.
    平成16年度電気学会 電子・情報・システム部門大会, p940-942, 2004.
  41. 上田哲史, 高坂拓司, 河辺徹, 玄相昊.
    分的外力印加法によるカオス制御.
    平成16年度電子情報通信学会ソサイエティ大会, A-2-14, 2004.
  42. 豊崎 優,辻 繁樹,上田 哲史,高坂 拓司.
    部分的遅延制御と部分的外力印加制御の組合せによるカオス制御.
    平成16年度電子情報通信学会ソサイエティ大会, A-2-15, 2004.
  43. 原田泰輔, 高坂拓司, 安陪稔.
    下り坂における電気自動車用新形電動機のシミュレーション.
    平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, p53, 2004.
  44. 松本幸浩, 高坂拓司, 安陪稔. 電気学会中国支部奨励賞
    電気自動車用新形電動機の平地および下り坂における回生制動特性の比較.
    平成16年度電気関係学会中国支部連合大会講演論文集, p460, 2004.
  45. 森正彦, 高坂拓司, 馬躍. 電子情報通信学会中国支部連合大会講演奨励賞
    理想的ではないスイッチングが区分的に滑らかな系に与える影響について.
    平成16年度電気関係学会中国支部連合大会講演論文集, p37, 2004.
  46. 鈴政哲也, 森正彦, 高坂拓司, 馬躍.
    PWM制御器で制御された簡素な回路の解析.
    平成16年度電気関係学会中国支部連合大会講演論文集, p38, 2004.
  47. 池本圭祐, 高坂拓司.
    キャパシタで結合した方形波発振器に生じる同期現象.
    平成16年度電気関係学会中国支部連合大会講演論文集, p39, 2004.
  48. 井上昇, 高坂拓司, 上田哲史.
    An effective control of the chaotic attractor in the periodically switched nonlinear system.
    平成16年度電気関係学会中国支部連合大会講演論文集, p40, 2004.
  49. 大宮隆志, 高坂拓司, 上田哲史.
    スイッチトアライバルシステムにみられる不安定周期軌道の安定化.
    平成16年度電気関係学会中国支部連合大会講演論文集, p41, 2004.
  50. 坂本浩二, 高坂拓司, 馬躍.
    スイッチング遅れを有する区分的に滑らかな系の解析.
    平成17年度電子情報通信学会ソサイエティ大会, A-2-17, 2005.
  51. 橋本匡史, 高坂拓司, 安陪稔.
    電気自動車用新形電動機の定速走行特性について.
    平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, p52, 2005.
  52. 豊崎豊, 上田哲史, 高坂拓司.
    区分的に滑らかな系に対するスイッチ同期型遅延制御法.
    平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, p15, 2005.
  53. 中川翔太, 高坂拓司, 馬躍, 上田哲史.
    時刻依存型断続動作特性を有する力学系にみられるカオスの制御と回路実装.
    平成17年度電気関係学会中国支部連合大会講演論文集, p135, 2005.
  54. 小田哲栄, 高坂拓司, 上田哲史.
    スイッチング遅れを有する区分的に滑らかな系にみられるカオスとその制御.
    平成18年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 02-1A-06, 2006.
  55. 山下宗作, 高坂拓司.
    スパイクノイズを伴う状態・時刻混合型断続動作特性を有する系の分岐構造.
    平成18年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 02-1A-07, 2006.
  56. 水落伸吾, 高坂拓司.
    キャパシタで結合された弛張発振器の周期解析.
    平成18年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 02-1A-08, 2006.
  57. 上田哲史, 高坂拓司, 辻繁樹.
    区分非線形系と部分遅延カオス制御について.
    平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-11, p11, 2006.
  58. 小田哲栄, 高坂拓司, 西尾芳文.
    スイッチング遅れを有する力学系の解析法に関する研究.
    平成19年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 05-1P-12, 2007.
  59. 朝長伸吾, 馬躍, 高坂拓司. 電子情報通信学会九州支部連合大会講演奨励賞
    バネとダンパで構成される1自由度振動系にみられる分岐現象について.
    平成19年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 05-1P-09, 2007.
  60. 加賀美雄一, 朝長伸吾, 高坂拓司.
    森林火災に関連した2次元インパクトモデルの解析.
    平成19年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 5-1P-13, 2007.
  61. 鈴木匠, 小田哲栄, 高坂拓司.
    スパイクノイズが区分的に滑らかな系に与える影響について.
    平成19年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 5-1P-11,2007.
  62. 羽田野靖雄, 小田哲栄, 高坂拓司.
    スイッチング遅れを有する区分的に滑らかな系にみられる不安定周期軌道の安定化とその回路実装.
    平成19年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 5-1P-10, 2007.
  63. 朝長伸吾, 馬躍, 高坂拓司.
    状態依存型断続動作特性を有する機械系の分岐解析.
    平成19年度機会学会九州支部沖縄公演会, pp.171-172, 2007.
  64. 鈴木匠, 高坂拓司.
    スパイクノイズを伴うバックブーストコンバータの分岐現象.
    平成19年電気学会全国大会講演論文集, p.19, 2008.
  65. 秋山卓也, 高坂拓司. 電子情報通信学会九州支部連合大会講演奨励賞
    スイッチング遅れを有する簡素な回路の実現とその解析.
    平成20年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 06-2P-02,2008.
  66. 麻原寛之, 高坂拓司.
    スパイクノイズを有するバックブーストコンバータ回路の分岐構造.
    平成20年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 06-2P-03,2008.
  67. 辻正史, 高坂拓司.
    PWM-1制御器が断続回路に与える力学的影響.
    平成20年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 06-2P-06,2008.
  68. 渡邉大志, 工藤進, 朝長伸吾, 軽部周, 高坂拓司.
    系の分岐構造を利用した非線形系の制振.
    平成20年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 06-2P-07,2008.
  69. 朝長伸吾, 西永一太朗, 軽部周, 高坂拓司.
    剛体架線・パンタグラフ系を模擬した非線形振動系の定性的性質.
    平成20年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 06-2P-08,2008.
  70. S. Tomonaga, T. Kousaka.
    Synchronization Phenomena in Coupled Simple Oscillators.
    in SJCIEE 2008, pp.380,2008. IEEE Shikoku Section Best Presentation Award
  71. Q. Brandon, T. Ueta, T. Kousaka, D. Fournier-praunaret.
    Bifurcations of the Alpazur Oscillator with variable switching thresholds.
    in SJCIEE 2008, 386,2008.
  72. H. Asahara, T. Kousaka.
    Realization of Simple Interrupted Electric Circuit containing Switching Delay and its Bifurcations.
    in SJCIEE 2008, 389,2008. IEEE Shikoku Section Best Presentation Award
  73. T. Kousaka.
    A Bifurcation Problem for an Impact Oscillator.
    Proceedings of IEEE Workshop on Nonlinear Circuit Networks (NCN'08), 61, 2008. Invited paper
    [pdf]
  74. 高坂拓司.
    断続動作特性を有する系に見られる分岐現象.
    第4回GNワークショップ -力学系理論の応用-, 2008(岐阜) 招待講演
  75. 工藤進, 軽部周, 渡邉大志, 高坂拓司.
    間欠外力を用いたDuffing系の制振.
    第18回九州地区高専フォーラム 久留米高専のアクションプラン-地域産業と市民との連携, 2008(久留米高専)
  76. 麻原寛之, 高坂拓司.
    スパイクノイズがハイブリッドシステムにおよぼす影響.
    平成20年度電子情報通信学会全国大会講演論文集, pp. 56, 2009.
  77. 朝長伸吾, 津元国親, 高坂拓司.
    2次元自律系で記述される衝突振動系の分岐解析法.
    平成20年度電子情報通信学会全国大会講演論文集, pp. 66, 2009.
  78. 朝長伸吾, 津元国親, 高坂拓司.
    2次元非線形衝突振動系に対する分岐点の追跡法.
    第22回 回路とシステム軽井沢ワークショップ, pp. 270-273, 2009. 奨励賞
  79. 麻原寛之, 高坂拓司.
    スイッチング動作に遅延を伴うハイブリッドシステムの実現とその解析.
    第22回 回路とシステム軽井沢ワークショップ, pp. 56-59, 2009.
  80. 軽部周, 高坂拓司.
    履歴現象を利用した非線形振動系の制振法.
    Dynamics and Design Conference 2009, CD-ROM論文集 486, 2009.
  81. 朝長伸吾, 津元国親, 高坂拓司.
    周期関数で記述される境界断面を有する2次元衝突振動系の分岐計算法.
    Dynamics and Design Conference 2009, DC-ROM論文集 478, 2009.
  82. 朝長伸吾, 津元国親, 高坂拓司.
    正弦波状境界断面を有する 2 次元自律系衝突振動系の分岐点計算法.
    平成21年 電気学会電子・情報・システム部門大会, pp. 935-936, 2009.
  83. 麻原寛之, 高坂拓司.
    スパイクノイズを有するコンバータ回路の動的挙動.
    平成21年 電気学会電子・情報・システム部門大会, pp. 957-958, 2009.
  84. H. Asahara, T. Kousaka.
    Dynamical Structure in a DC-DC Converter containing Spike Noise.
    2009年度電子情報通信学会ソサイエティ大会, pp.33, 2009.
  85. 西永一太朗, 朝長伸吾, 軽部周, 高坂拓司.
    衝突振動系にみられる跳躍現象.
    2009年度電子情報通信学会ソサイエティ大会, pp.43, 2009.
  86. 朝長伸吾, 軽部周, 高坂拓司.
    臨界切削速度近傍における4次元振動切削モデルの動的挙動.
    平成21年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, pp.10-2P-18,2009.
  87. 朝長伸吾, 清水佑翔, 軽部周, 高坂拓司.
    片持ち梁状断続力学系にみられる周期解と分岐.
    平成21年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, pp.10-2P-17,2009.
  88. 麻原寛之, 高坂拓司.
    Dynamical Characteristics of a Buck-Boost Converter with Spike Noise.
    平成21年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, pp.10-2P-10,2009. 電子情報通信学会九州支部連合大会講演奨励賞
  89. 辻正史, 上田哲史, 高坂拓司.
    スイッチング遅れを伴う断続回路に見られる不安定長周期軌道の安定化に関する実験的検討.
    平成21年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, pp.10-2P-11,2009.
  90. 西永一太朗, 朝長伸吾, 軽部周, 高坂拓司.
    衝突振動を有する1自由度系の接触状態に関する検討.
    平成21年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, pp.10-2P-16,2009.
  91. 渡邉大志, 朝長伸吾, 軽部周, 高坂拓司.
    断続的な周期外力を有する衝突振動系の定性的性質.
    平成21年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, pp.10-2P-15,2009.
  92. 平嶋昭太, 渡邉大志, 軽部周, 高坂拓司.
    パルス刺激を用いた周期振動の不安定化.
    平成21年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, pp.10-2P-13,2009.
  93. 古川寛人, 麻原寛之, 高坂拓司.
    PWM-1で制御される断続回路の実現とその分岐現象.
    平成21年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, pp.10-2P-12, 2009.
  94. 高坂拓司.
    理想的ではない断続動作特性が合成力学系に与える影響.
    電子情報通信学会四国支部主催講演会, 2009. 招待講演
  95. 高坂拓司.
    断続動作特性を有する非線形力学系の分岐問題.
    第18回九州ダイナミックス&コントロール研究会, 2009.
  96. 高橋学, 高坂拓司, 軽部周.
    周期的な衝突がカオス的挙動に与える影響.
    2009年度機械学会九州学生会卒業研究発表会, pp.279, 2010.
  97. 松本和晃, 高坂拓司, 軽部周.
    三質量衝突振動系の応答に関する研究.
    2009年度機械学会九州学生会卒業研究発表会, pp.710, 2010.
  98. 中尾佑喜, 高坂拓司, 軽部周.
    付加質量を持つはりの衝突振動に関する実験的研究.
    2009年度機械学会九州学生会卒業研究発表会, pp.715, 2010.
  99. 賀来寛人, 高坂拓司, 軽部周.
    振動切削系における工作物挙動の変化.
    2009年度機械学会九州学生会卒業研究発表会, pp.716, 2010.
  100. 宮脇渓, 高坂拓司, 軽部周.
    乾性摩擦を有する衝突振動系に関する実験的研究.
    2009年度機械学会九州学生会卒業研究発表会, pp.706, 2010.
  101. H. Asahara, T. Kousaka.
    Fundamental Analysis in Parallel-Connected Buck Converters containing Time Dela.
    平成22年電気学会全国大会講演論文集, p.32, 2010.(東京)
  102. 辻正史 高坂拓司 辻繁樹 上田哲史.
    スイッチング遅れを伴う断続力学系に対する遅延フィードバック制御.
    平成22年電気学会全国大会講演論文集, p.36, 2010.(東京)
  103. 軽部周, 高橋学, 高坂拓司.
    周期的衝突がカオス振動に与える影響 .
    Dynamics and Design Conference 2010 講演論文集 215, 2010.(同志社大)
  104. 辻繁樹, 古川寛人, 高坂拓司.
    スイッチで結合された非線形振動子系に対するシューティング法の提案.
    平成22年 電気学会電子・情報・システム部門大会, pp. 1096-1099, 2010. (熊本)
  105. 麻原寛之, 高坂拓司.
    スパイクノイズがコンバータ回路の分岐構造に与える力学的影響.
    平成22年 電気学会電子・情報・システム部門大会, pp. 1087-1090, 2010. (熊本)
  106. H. Asahara, T. Kousaka. 電子情報通信学会九州支部 学生会講演奨励賞
    Bifurcation Structure in a DC/DC Converter with Spike Noise.
    電子情報通信学会九州支部学生会講演会・講演論文集, A-5, 2010. (福岡)
  107. H. Asahara, T. Kousaka.
    Nonlinear Phenomena in a MEMS Oscillator.
    Shikoku-section Joint Convention of the Institutes of Electrical and related Engineers (SJCIEE 2010), p. 329, 2010. (愛媛)
  108. A. Matsuo, H. Asahara, T. Kousaka.
    A Theoretical Analysis of the Chaotic Attractor in a Hybrid Switching Delay System.
    Shikoku-section Joint Convention of the Institutes of Electrical and related Engineers (SJCIEE 2010), p. 330, 2010. (愛媛)
  109. 高橋明子,朝長伸吾,津元国親,高坂拓司.
    固定された境界断面を有する衝突振動系における周期解の安定性解析法.
    平成22年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, p. 624, 2010. (福岡)
  110. 平嶋昭太,軽部周,高坂拓司.
    周期的な境界条件を有する衝突振動系にみられる1周期解の安定性解析法.
    平成22年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, p. 625, 2010. (福岡)
  111. K. Tasaki, T. Kousaka. 電子情報通信学会九州支部連合大会講演奨励賞
    Fundamental Characteristics of a Composite Dynamical System with Periodic Border.
    平成22年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, p. 626, 2010. (福岡)
  112. 辻正史, 辻繁樹, 上田哲史, 高坂拓司.
    理想的でないスイッチング動作を有する断続力学系に対する連続時間型制御法の有効性検証.
    平成22年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, p. 627, 2010. (福岡)
  113. 清水佑翔, 上田哲史, 高坂拓司.
    区分的に滑らかな系にみられるborder collision分岐の分岐パラメータ探索法.
    平成22年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, p. 628, 2010. (福岡)
  114. 田中大揮, 高坂拓司.
    スパイクノイズを有する2次元バックブーストコンバータ回路の解析.
    平成22年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, p. 629, 2010. (福岡)
  115. 麻原寛之, 山中学, 高坂拓司.
    スイッチング動作に遅延を伴う並列接続型バックコンバータの動的挙動.
    平成22年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, p. 630, 2010. (福岡)
  116. 平嶋昭太,軽部周,高坂拓司.
    周期的な境界条件を有する衝突振動系にみられる周期解の安定性解析法.
    日本機械学会中国四国支部・九州支部合同企画 徳島講演会, pp. 239-240, 2010. (徳島)
  117. 朝長伸吾, 高坂拓司.
    状態依存型2次元断続力学系にみられる1周期解の効果的な導出手法.
    平成22電気学会九州支部沖縄支所講演会, 99-100, 2010. (沖縄)
  118. 高坂拓司.
    衝突振動系における分岐問題に対する数値解析法.
    電子情報通信学会四国支部主催講演会, 2011. 招待講演
  119. H. Asahara, M. Yamanaka, T. Kousaka.
    Existence Region of the Periodic Orbits in Parallel-Connected Buck Converters with Time Delay.
    2011年度電子情報通信学会ソサイエティ大会, p.37, 2011. (東京)
  120. 細川純, 麻原寛之, 高坂拓司.
    衝突振動を模擬した電気回路モデルにみられる分岐構造.
    平成23年電気学会電子・情報・システム部門大会, pp. 1292--1293, 2011. (富山)
  121. 中村竜太, 関屋大雄, 高坂拓司.
    1入力EM級増幅器のエネルギー効率について.
    平成23年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 09-2A-02, 2011. (佐賀)
  122. 田中大揮, 麻原寛之, 高坂拓司.
    スパイクノイズが電流不連続モードで動作する2次元バックブーストコンバータに与える影響.
    平成23年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 09-2A-03, 2011. (佐賀)
  123. H. Asahara, T. Kousaka.
    Analysis of an Electric Circuit with Two Interrupted Switches.
    平成23年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 09-2A-04, 2011. (佐賀)
  124. 刀根佑輔, 合原一幸, 高坂拓司.
    厳密解が導出可能な2次元断続力学系に見られるborder-collision分岐の分岐点追跡法.
    平成23年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 09-2A-05, 2011. (佐賀)
  125. 清水佑翔, 関屋大雄, 合原一幸, 高坂拓司.
    2次元衝突振動系にみられる1周期解のgrazing分岐に対する分岐点計算法の改良.
    平成23年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 09-2A-06, 2011. (佐賀)
  126. 細川純, 麻原寛之, 高坂拓司.
    衝突振動を模擬した電気回路モデルのスイッチング動作とその定性的性質.
    平成23年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 09-2A-07, 2011. (佐賀)
  127. M. Yamanaka, K. Tasaki, T. Kousaka.
    Stabilizing effect of the periodic border in a chaotic interrupted system.
    電子情報通信学会九州支部学生会講演会・講演論文集, A-7, 2011. (佐賀)
  128. A. Matuso, H. Asahara, T. Kousaka.
    Structure of the Chaotic Attractor in a Hybrid Dynamical System with Spike Noise.
    電子情報通信学会九州支部学生会講演会・講演論文集, A-8, 2011. (佐賀)
  129. 田崎顕一, 高坂拓司.
    周期的な境界による断続力学系の安定化とその分岐現象.
    第54回自動制御連合講演会, p.??, 2011.
  130. 平嶋昭太, 合原一幸, 高坂拓司.
    境界条件が周期的に変化する2次元衝突振動系について: 1周期解に生じる局所的分岐点計算法.
    日本機械学会九州支部宮崎講演会, pp.103-104, 2011.
  131. 軽部周, 高坂拓司, 早乙女辰男.
    振動切削における加工状態のモニタリングに関する研究.
    第10回評価・診断に関するシンポジウム, pp.29-31, 2011.
  132. 軽部周,麻原寛之,高坂拓司,合原一幸.
    歯車を模擬した三質量衝突振動系に生じる分岐現象.
    日本機械学会機械力学・計測制御部門講演会2011アブストラクト集,pp.49, 2011.
  133. 軽部周,麻原寛之,高坂拓司,合原一幸.
    歯車を模擬した三質量衝突系の実験的研究.
    信学技報,Vol,111, No.62, pp.27-30, 2011.
  134. H. Asahara, T. Kousaka.
    Stability of the Fixed Point in an Interrupted Electric Circuit with Fast-Slow Bifurcation.
    平成23年度電気学会九州支部沖縄支所講演会, pp. 100-102, 2011. (沖縄)
  135. H. Asahara, Y. Izumi, T. Kousaka.
    平成24年度電子情報通信学会学術奨励賞
    Experimental Study of an Interrupted Circuit with Fast-Slow Bifurcation.
    IEICE General Conference, A-2-28, 2012. (岡山)
  136. 麻原 寛之, Soumitro Banerjee, 高坂 拓司.
    第25回回路とシステムワークショップ奨励賞
    周期的な境界を有する衝突振動系に対する安定性解析手法の提案.
    第25回 回路とシステムワークショップ, pp. 15-18, 2012. (兵庫)
  137. 山中学, 麻原寛之, 高坂拓司.
    周期的に動作する境界が断続動作特性を有する系の安定性に与える影響.
    平成24年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 05-1P-10, 2012. (長崎)
  138. D. Tanaka, H. Asahara, T. Kousaka.
    Effect of Randomly Fluctuating Spike Noise in an Interrupted Electric Circuit.
    平成24年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 05-1P-11, 2012. (長崎)
  139. 中村健太, 麻原寛之, 高坂拓司.
    理想的ではないスイッチング動作が断続回路に与える影響とその実験的検証.
    平成24年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 05-1P-12, 2012. (長崎)
  140. 池田剛毅, 麻原寛之, 合原一幸, 高坂拓司.
    局所断面が周期的に変化する衝突振動系: 周期解に対する分岐点計算法.
    平成24年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 05-1P-13, 2012. (長崎)
  141. Y. Tone, H. Asahara, T. Ueta, K. Aihara, T. Kousaka.
    Improvement of Calculation Method for Border-Collision Bifurcation in Piecewise Smooth Map.
    平成24年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 05-1P-14, 2012. (長崎)
  142. 細川純, 麻原寛之, 合原一幸, Soumitro Banerjee, 高坂拓司.
    衝突振動を模擬した電気回路モデルにみられる超安定性周期解.
    平成24年電気学会電子・情報・システム部門大会, pp. 1657--1658, 2012. (弘前)
  143. 軽部周,中土居克也,麻原寛之,高坂拓司.
    歯車を模擬した衝突振動系に生じる動的挙動.
    日本機械学会機械力学・計測制御部門講演会2012アブストラクト集,pp.87,2012.
  144. 小倉弓月, 麻原寛之, 高坂拓司.
    Filippovの理論を応用した非線形断続回路の一安定性解析手法.
    電気関係学会九州支部連合大会, 02-2P-15, 2013. (熊本)
  145. 山本大平, 大塚卓弥, 軽部周, 高坂拓司.
    卓球ラケット上で跳ねるボールの挙動解析.
    2013年度機械学会九州学生会卒業研究発表会, pp.187--188, 2013.
  146. 窪田健人,松本洋和,根葉保彦,高坂拓司,麻原寛之.
    Hブリッジインバータに生じる分岐現象について.
    電気・情報関係学会九州支部第67回連合大会, 03-2A-04, 2014. (鹿児島)
  147. 天野広幹, 麻原寛之, 高坂拓司.
    m周期解に適用可能な二質量衝突振動系に対する安定性解析法.
    電気・情報関係学会九州支部第67回連合大会, 02-1A-05, 2014. (鹿児島)
  148. 藤井太就, 麻原寛之, 高坂拓司.
    乾燥摩擦を伴う非自律系にみられる周期解の一安定性解析手法.
    電気・情報関係学会九州支部第67回連合大会, 02-1A-06, 2014. (鹿児島)
  149. 高坂拓司, 麻原寛之, 伊藤大輔, 上田哲史, 川上博.
    周期点滅光を受けるLEDホタルの同期現象.
    第57回 自動制御連合講演会, 2B02-3, 2014. (群馬)
  150. 林田翔, 麻原寛之, 高坂拓司. スパイクノイズが2つの異なる周期外力を有する断続力学系に及ぼす影響.
    2016年電子情報通信学会NOLTAソサイエティ大会大会, NLS-12, 2016. (東京)
  151. 麻原寛之, 高坂拓司. NOLTAソサイエティ大会奨励賞
    合成力学系のパラメータ微分に関する一考察 —スイッチングタイミングの微小変動に注目した摂動計算法—.
    2016年電子情報通信学会NOLTAソサイエティ大会大会, NLS-47, 2016. (東京)
  152. 河津 裕也, 軽部 周, 高坂 拓司. バウンシングボール系の非線形特性.
    日本機械学会2016年度年次大会, p. G1000705, 2016. (福岡)
    [pdf]
  153. 川野 厚樹, 軽部 周, 高坂 拓司. 高調波励振を受ける振動系の基礎的研究.
    日本機械学会2016年度年次大会, p. G1000803, 2016. (福岡)
    [pdf]
  154. 松下 春奈, 富村 祐翔, 黒川 弘章, 高坂 拓司. 2つのPSOによる分岐点導出手法のサドルノード分岐への適用.
    2016年電子情報通信学会ソサイエティ大会, p.234, 2016. (北海道)
    [pdf]
  155. 富村 祐翔, 黒川 弘章, 松下 春奈, 高坂 拓司.
    粒子群最適化を用いた一次元離散時間力学系の分岐点導出法の拡張.
    平成28年度(第69回)電気・情報関係学会九州支部連合大会, p.194, 2016. (宮崎)
    [pdf]
  156. 中村 隼平, 松浦 隆文, 軽部 周, 高坂 拓司(.
    振動切削系における切削速度の上昇に伴う動的挙動の変化.
    平成28年度(第69回)電気・情報関係学会九州支部連合大会, p.195, 2016. (宮崎)
    [pdf]
  157. K. Yamazaki, H. Kurokawa, T. Kousaka, H. Matsushita(.
    Application of PSO with Deflection Technique to Bifurcation Analysis.
    2016 SHIKOKU-SECTION JOINT CONVENTION RECORD OF THE INSTITUTES OF ELECTRICAL AND RELATED ENGINEERS, p.5, 2016. (徳島)
    [pdf]
  158. 横畑佳祐, 高坂拓司, 福江紘幸, 麻原寛之.
    PWM-1電流制御DC/DCコンバータにみられる非線形現象.
    平成28電気学会九州支部沖縄支所講演会, pp.OKI-2016-40, 2016. (沖縄)
    [pdf]
  159. 福江紘幸, 高坂拓司, 黒川弘章, 麻原寛之.
    太陽電池を接続した電流制御DC/DCコンバータの安定化制御.
    平成28電気学会九州支部沖縄支所講演会, pp. OKI-2016-41, 2016. (沖縄)
    [pdf]
  160. 富村 祐翔, 黒川 弘章, 松下 春奈, 高坂 拓司.
    2 つの PSO を用いた一次元離散時間力学系の局所分岐点導出法.
    電子情報通信学会総合大会講演論文集, p.287, 2017.
    [pdf]
  161. 長田翔磨, 麻原寛之, 高坂拓司. PVセルモデルの区分線形化が太陽電池ブースターの定性的性質に及ぼす影響.
    2017年電子情報通信学会NOLTAソサイエティ大会大会, NLS-34, 2017. (中京大) [pdf]
  162. 中村隼平, 軽部周, 高坂拓司. 重複係数の変化が振動切削系に与える影響.
    2017年電子情報通信学会NOLTAソサイエティ大会大会, NLS-9, 2017. (中京大) [pdf]

Technical Report(In japanese)

  1. 高坂拓司, 上田哲史, 川上博.
    カオス制御を応用した軌道の不安定化によるカオス生成法.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP94-102, pp.51-58, 1995.(愛知)
  2. 杖池雅史, 高坂拓司, 曽根直人, 上田哲史, 西尾芳文, 森井昌克.
    カオスを用いた暗号機構のMIMEへの実装.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.OSF95-10, pp.11-16, 1995.(松山市)
  3. 高坂拓司, 上田哲史, 川上博.
    方形波発振器を用いた電子ホタルの同期現象.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP96-5, pp. 27-32, 1996.(徳島大)
  4. 高坂拓司, 川上博, 上田哲史.
    結合した2つの異なる方形波発振器に生じる周期解の解析.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP96-145, pp.33-40, 1997.(北海道大)
  5. 馬越豊, 高坂拓司, 上田哲史, 川上博.
    外力と状態で動作するスイッチを含む発振回路の解析.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP96-169, pp.77-84, 1997.(福井大)
  6. 高坂拓司, 馬越豊, 上田哲史, 川上博.
    状態に依存したスイッチで切り替わる非線形系の分岐.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP97-14, pp.97-104, 1997.(徳島大)
  7. 高坂拓司, 上田哲史, 川上博, 藤本憲市, 林保幸.
    断続RC回路を持つBVP発振器について.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP97-97, pp.103-108, 1997.(大阪大)
  8. 高坂拓司, 北島博之, 上田哲史, 吉永哲哉, 川上博.
    不連続特性をもつ力学系における分岐計算法.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP98-30, pp.1-8, 1998.(八戸工大)
  9. 木戸高志, 高坂拓司, 上田哲史, 川上博.
    抵抗で結合した方形波発振器の同期現象.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP98-92, pp.9-16, 1998.(熊本大)
  10. 木戸高志, 高坂拓司, 上田哲史, 川上博.
    Border-Collision分岐を生じる簡素な構成の回路について.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP99-37, pp.71-76, 1999.(徳島大)
  11. 高坂拓司, 木戸高志, 上田哲史, 川上博, 安陪稔.
    状態・時刻混合型断続特性を有する系について-分岐-.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP99-123, pp.31-38, 1999.(仙台, 松島)
  12. 田原正一, 高坂拓司, 上田哲史, 川上博, 安陪稔.
    状態・時刻混合型断続特性を有する系について-制御-.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2000-100, pp.57-62, 2000.(徳島大)
  13. 上田哲史, 高坂拓司, 宮崎久代, 川上博.
    結合BVP発振器の分岐とカオス.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2001-03, pp.17-24, 2001.(日本工大)
  14. 安原義仁, 高坂拓司, 上田哲史, 安陪稔, 川上博.
    状態依存型スイッチを有する非線形回路に発生するカオスの実装制御.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2001-8, pp.51-58, 2001.(山形大)
  15. 高坂拓司.
    断続動作特性を有する非線形力学系にみられる分岐現象の解析.
    平成13年度計測自動制御学会中国支部福山地区グループ研究会資料, pp.5-8, 2001.(福山大)
  16. 宮崎久代, 上田哲史, 高坂拓司, 川上博.
    BVP発振器の結合方式と分岐について.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2001-09, pp.35-42, 2001.(神戸大)
  17. 原田秀明, 安陪稔, 高坂拓司, 上田哲史, 川上博.
    バックコンバータ回路における分岐計算法.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2001-100, pp.47-54, 2002.(九工大)
  18. 安原 義仁,高坂 拓司,上田 哲史,川上 博.
    状態と時刻に依存したスイッチを有する非線形回路の解析.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2002-76, pp.43-48, 2002.(大分大)
  19. 森正彦, 高坂拓司.
    しきい値が周期的に変化する区分的に滑らかな系の実現と基本的な分岐現象について.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2002-107, pp.1-6, 2003.(北海道大).
  20. 森正彦, 高坂拓司.
    区分的に滑らかな系にみられる分岐現象の解析.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2003-28, pp.47-52, 2003.(那覇市,自治会館).
  21. 高坂拓司.
    ペットボトル発振器にみられる同期現象の解析.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2003-48, pp.17-22, 2003.(公立はこだて未来大).
  22. 津田淳志, 上田哲史, 高坂拓司, 川上博.
    極配置法カオス制御におけるベイスンについて.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2003-78, pp.49-54, Sep., 2003(高知女子大).
  23. 森正彦, 高坂拓司.
    区分的に滑らかな系にみられる非周期軌道の解析.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2003-87(10), pp.25-30, 2003(甲南大).
  24. 安原 義仁, 高坂拓司, 安陪稔.
    整流器が接続された非線形インダクタンス回路のリターンマップについて.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2003-150, pp.35-40, Jan., 2004(野沢温泉).
  25. 豊崎優, 上田哲史, 辻繁樹, 高坂拓司.
    Partial Delayed Feedback Control and its DSP Implementation.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2004-18, pp.23-28, June, 2004(鳥取大学).
  26. 森正彦, 高坂拓司.
    しきい値が周期的に変化する区分的に滑らかな系の分岐解析.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2004-25, pp.7-12, July, 2004(静岡大学).
  27. 坂本浩二, 高坂拓司, 馬跳.
    H-Bridge Inverterにみられる分岐とカオス.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2005-2, pp.7-12, May, 2005(山形大学).
  28. 坂本浩二, 高坂拓司, 馬跳.
    スイッチングの遅れを伴う区分的に滑らかな系の解析.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2005-47, pp.1-6, Sep., 2005(長岡技術科学大学).
  29. 豊崎優, 上田哲史, 高坂拓司.
    H-Bridgeインバータに対するスイッチ同期型カオス部分的遅延制御.
    電気学会研究会資料電子回路研究会技術報告, Vol.ECT-05-78, pp.35-40, Nov., 2005(徳島大学).
  30. 豊崎優, 上田哲史, 高坂拓司.
    DSPによるスイッチ同期型部分的カオス遅延制御の実装.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2005-116, pp.99-104, Jan., 2006(徳島大学).
  31. Q. Brandon, T. Ueta, T. Kousaka.
    Bifurcations in a 3-State Piecewise Smooth Dynamical System.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2007-25, pp.13-17, June., 2007(広島工業大学).
  32. 朝長伸吾, Y. Ma, 高坂拓司.
    状態依存型断続動作特性を有する非自律系にみられる分岐現象について.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2007-126, pp.31-34, Dec., 2007(福井工業大学).
  33. 鈴木匠朝, 高坂拓司.
    スパイクノイズが状態・時刻混合型断続動作特性を有する系に与える影響.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2007-125, pp.27-30, Dec., 2007(福井工業大学).
  34. 羽田野靖雄, 朝長伸吾, 高坂拓司.
    キャパシタで結合した方形波発振器にみられる同期と分岐.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2008-42, pp.49-52, July., 2008(高知高専).
  35. 朝長伸吾, 高坂拓司.
    PWM-1を用いた簡素な断続回路にみられる分岐現象について.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2008-43, pp.53-56, July., 2008(高知高専).
  36. Quentin Brandon, Tetsushi Ueta, Fournier Daniele, Takuji Kousaka.
    Bifurcation analysis of non-linear switched dynamical system with variable threshold.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2008-44, pp.57-61, July, 2008(高知高専).
  37. 麻原寛之, 高坂拓司.
    スイッチング遅れを有する簡素な回路に見られる分岐現象.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2008-109, pp.87-90, Jan., 2009(宮崎).
  38. 西永一太朗, 朝長伸吾, 軽部周, 高坂拓司.
    剛体架線・パンタグラフ系にみられる非線形振動現象の解析.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2008-128, pp.193-196, Jan., 2009(宮崎).
  39. 渡邉大志, 工藤進, 朝長伸吾, 軽部周, 高坂拓司.
    パルス刺激による簡素な非線形振動系の制振.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2008-129, pp.197-200, Jan., 2009(宮崎).
  40. 麻原寛之, 高坂拓司.
    スイッチング遅れが断続動作特性を有する系に与える影響.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2009-46, pp.13-16, Aug., 2009(ヨンデンプラザ中村, 高知).
  41. 古川寛人, 麻原寛之, 高坂拓司.
    PWM-1制御を用いた断続回路の実験的検討.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2009-109, pp.87-90, Aug., 2009(広島大学).
  42. 辻繁樹, 古川寛人, 高坂拓司.
    周期的に動作するスイッチで結合された自励発振器に対するシューティング法の提案.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2010-15, pp.131-134, June., 2010(琉球大学).
  43. 田崎顕一, 麻原寛之, 高坂拓司.
    理想的に動作しないPWM-1で制御された合成力学系の定性的性質.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2010-24, pp.211-214, June., 2010(琉球大学).
  44. 平嶋昭太, 高坂拓司.
    衝突振動を有する機械系の安定性解析におけるシューティング法.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2010-41, pp.61-64, July, 2010(石川県文教会館).
  45. 松尾彰人, 麻原寛之, 高坂拓司.
    スパイクノイズが状態・時刻混合型断続回路のカオス的挙動に与える影響とその実験的検証.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2010-32, pp.19-22, July, 2010(石川県文教会館).
  46. 辻 正史, 辻 繁樹, 上田 哲史, 高坂 拓司.
    スイッチング遅れを伴う断続力学系に対する遅延フィードバック制御の有効性.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2010-110, pp.21-24, November, 2010(仙台).
  47. 田崎 顕一,高坂 拓司.
    周期的に動作する境界が状態・時刻混合型断続動作特性を有する系の安定性に与える影響.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2010-110, pp.25-28, November, 2010(仙台).
  48. 高橋 明子,朝長 伸吾,津元 国親,高坂 拓司.
    固定された境界断面を有する衝突振動系に対する分岐点追跡法.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2010-110, pp.17-22, November, 2010(仙台).
  49. 朝長 伸吾, 高坂 拓司.
    状態依存型断続動作特性を有する2次元自律系に対するシューティング法.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2011-142, pp.103-106, January, 2011(北海道).
  50. 清水 佑翔,関屋 大雄,高坂 拓司.
    衝突振動系にみられるgrazing分岐の分岐パラメータ探索法.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2011-141, pp.99-102, January, 2011(北海道).
  51. 松尾 彰人, 麻原 寛之, 高坂 拓司.
    スパイクノイズを有する断続力学系にみられるカオスアトラクタの分岐構造.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2011-143, pp.107-110, January, 2011(北海道).
  52. 軽部 周, 麻原 寛之, 高坂 拓司, 合原 一幸.
    歯車を模擬した三質量衝突系の実験的研究.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2011-6, pp.27-30, May, 2011(香川).
  53. 麻原 寛之, 高坂 拓司.
    2つの状態・時刻混合型スイッチを有する断続回路の提案とその実装.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2011-7, pp.31-34, May, 2011(香川).
  54. 田中 大揮, 麻原 寛之, 高坂 拓司.
    スパイクノイズを伴う2次元バックブーストコンバータの定性的性質.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2011-52, pp. 157-160, 2011(北海道).
  55. 山中 学, 田崎 顕一, 高坂 拓司.
    周期的に動作する境界がカオスを伴う区分的に滑らかな系に及ぼす影響.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2011-53, pp. 161-164, 2011(北海道).
  56. 中村 竜太,関屋 大雄,高坂 拓司.
    理想的ではないパラメータにおける1入力EM級増幅器の動的挙動.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2011-56, pp. 177-180, 2011(北海道).
  57. 麻原 寛之, S. Banerjee, 高坂 拓司,
    スイッチング動作に遅延を伴うコンバータ回路の安定性解析.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2011-86, pp. 153-156, 2011(静岡).
  58. 麻原 寛之, S. Banerjee, 高坂 拓司,
    Fast-Slow分岐を呈する回路モデルの提案.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2011-95, pp. 25-28, 2011(宮古島).
  59. 高橋 明子, 関屋 大雄, 合原 一幸, 高坂 拓司,
    境界が周期的に動作する衝突振動系にみられる1周期解のGrazing分岐点導出法.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2011-95, pp. 29-32, 2011(宮古島).
  60. 永島 和治, 魏 秀欽, 高坂 拓司, 関屋 大雄,
    分岐理論を用いたE級増幅器におけるスイッチング状態の分布.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.NLP2011-95, pp. 49-54, 2011(宮古島).
  61. 清水 佑翔, 関屋 大雄, 合原 一幸, 高坂 拓司,
    衝突振動系にみられるgrazing分岐の効率的な分岐点計算法.
    電子情報通信学会技術報告, Vol. NLP2011-122, pp. 31-34, 2011(弘前).
  62. 松尾彰人, 麻原寛之, 高坂拓司,
    スイッチング遅れを伴う断続回路にみられるカオスアトラクタの分岐現象.
    電子情報通信学会技術報告, Vol. NLP2011-139, pp. 87-90, 2012(会津).
  63. 刀根佑輔, 合原一幸, 高坂拓司,
    状態・時刻混合型断続動作特性を有する区分線形系に見られるborder collision分岐の一計算法.
    電子情報通信学会技術報告, Vol. NLP2012-112, pp. 111-114, 2012(伊勢).
  64. 池田剛毅, 合原一幸, 高坂拓司,
    周期的な境界条件を有する衝突振動系にみられる1周期解の分岐点計算法.
    電子情報通信学会技術報告, Vol. NLP2012-112, pp. 1-4, 2012(秋田)
  65. 山本吉彦, 麻原寛之, 伊藤大輔, 上田哲史, 合原一幸, 高坂拓司,
    しきい値の摂動を用いたカオス制御の実験的検討.
    電子情報通信学会技術報告, Vol. NLP2012-40, pp. 13-16, 2012(鹿児島)
  66. 中土居克哉, 麻原寛之, 軽部周, 高坂拓司,
    二質量衝突振動系に生じるgrazing分岐の実験的検討.
    電子情報通信学会技術報告, Vol. NLP2012-49, pp. 65-68, 2012(鹿児島)
  67. 和泉悠, 麻原寛之, 高坂拓司,
    2つの異なる周期外力を有する断続回路について ~Fast-scaleに生じるBorder-collision分岐がSlow-scale分岐にもたらす影響~.
    電子情報通信学会技術報告, Vol. NLP2012-112, pp. 105-108, 2012(高知)
  68. 麻原寛之, 細川純, 合原一幸, 高坂拓司
    衝突振動系にみられる拘束現象を伴う周期解の分岐メカニズムについて.
    電子情報通信学会技術報告, vol. 112, no. 301, NLP2012-81, pp. 29-32, 2012. (石巻, 11月)
  69. 池田剛毅,麻原寛之,合原一幸,高坂 拓司,
    周期的なしきい値を有する合成力学系における分岐点の一計算法 ~ しきい値を分岐パラメータとする場合 ~.
    電子情報通信学会技術報告, Vol. NLP2012-92, pp. 25-28, 2012(福井)
  70. 中村 竜太,魏 秀欽,高坂 拓司,関屋 大雄,
    1入力EM級増幅器にみられる分岐現象について.
    電子情報通信学会技術報告, Vol. NLP2012-143, pp. 223-226, 2013(北海道)
  71. 亀崎 文亮, 麻原 寛之, 高坂 拓司.
    スイッチング遅れが2次元合成力学系の分岐構造に与える影響.
    電子情報通信学会技術報告, vol. 113 no. 69, NLP2013-11, pp. 13-16, 2013(福岡)
  72. 和泉 悠, 麻原 寛之, 高坂 拓司.
    2つの異なる周期外力を有する断続回路に生じるBorder-collision分岐に関する実験的検討.
    電子情報通信学会技術報告, Vol. NLP2013-154, pp. 133-136, 2014. (ニセコ)
  73. 刀根 佑輔, 麻原 寛之, 合原 一幸, 高坂 拓司.
    (2+2)次元衝突振動系にみられる1周期解の局所的分岐点求解アルゴリズム.
    電子情報通信学会技術報告, Vol. NLP2013-156, pp. 141-144, 2014. (ニセコ)
  74. 天野広幹, 麻原寛之, 高坂拓司.
    二質量衝突振動系にみられる1周期解の安定性解析手法.
    電子情報通信学会技術報告, Vol.114, pp. 25-28, 2014.
  75. 小倉弓月, 麻原寛之, 高坂拓司.
    状態・時刻依存型非線形合成力学系にみられる1周期解の安定性解析手法.
    電子情報通信学会技術報告, Vol. 114, pp. 23-26, 2014. (仙台)
  76. 生水佐樹, 藤井太就, 麻原寛之, 高坂拓司.
    周期外力の影響を考慮した簡素なHブリッジインバータの定性的性質.
    電子情報通信学会技術報告, Vol. 114, pp. 19-22, 2014. (仙台)
  77. 軽部周, 高坂拓司.
    振動切削系に生じるびびり振動の発生メカニズム.
    電子情報通信学会技術報告, Vol. NLP2014-33, pp. 11-16, 2014. (函館)
  78. 高坂拓司,麻原寛之,伊藤大輔,上田哲史, 川上博.
    周期外力を印加したLEDホタルの分岐解析.
    電子情報通信学会技術報告, Vol. NLP2014-32, pp. 7-10, 2014. (函館)
  79. 麻原寛之,松本洋和,根葉保彦,高坂拓司.
    dc/acインバータに生じる高調波に関する一考察.
    電子情報通信学会技術報告, Vol. NLP2014-67, pp. 111-114, 2014. (愛媛)
  80. 麻原寛之,高坂拓司.
    周期的な境界を有する衝突振動系の安定性解析.
    電子情報通信学会技術報告, Vol. NLP2014-68, pp. 115-118, 2014. (愛媛)
  81. 平牟禮貴裕, 藤井太就, 麻原寛之, 高坂拓司
    2つの周期外力を有するハイブリット力学系に生じる分岐現象
    電子情報通信学会技術報告, Vol.114, NLP2014-119, pp.37–40, 2015.(大分)
    [pdf]
  82. 稲葉直彦, 清水邦康, 高坂拓司, 遠藤哲郎
    ダイオードを含む強制BVP発振器に見られる複雑な分岐現象Part I ~ chaos disappearanceの解析 ~
    電子情報通信学会技術報告, Vol.114, NLP2014-135, pp.127–132, 2015.(大分)
  83. 小倉弓月, 麻原寛之, 清水邦康, 高坂拓司, 稲葉直彦
    ダイオードを含む強制BVP発振器に見られる複雑な分岐現象Part II ~ MMO加算現象の解析 ~
    電子情報通信学会技術報告, Vol.114, NLP2014-136, pp.133–136, 2015.(大分)
    [pdf]
  84. 麻原寛之, 上田哲史, 伊藤大輔, 高坂拓司
    スイッチング回路のON/OFF時間制御に関する一考察
    電子情報通信学会技術報告, Vol.115, NLP2015-33, pp.35–38, 2015.(青森)
    [pdf]
  85. 麻原寛之, 高坂拓司
    単相フルブリッジインバータ回路にみられる分岐現象の解析
    電子情報通信学会技術報告, Vol.115, NLP2015-60, pp.125–128, 2015.(東京)
    [pdf]
  86. 麻原寛之, 高坂拓司
    太陽電池ブースターの簡素な等価回路モデルの提案
    電子情報通信学会技術報告, Vol. 115, NLP2015-75, pp.43–46, 2015.(北海道)
    [pdf]
  87. 若井大裕, 天野広幹, 稲葉直彦, 麻原寛之, 高坂拓司
    乾燥摩擦を伴う非自律系にみられるstick-slip振動とslip振動の境界について
    電子情報通信学会技術報告, Vol. 115, pp.7–10, 2015.(沖縄)
    [pdf]
  88. 河津裕也, 軽部周, 高坂拓司
    バウンシングボール系における周波数応答解析
    電子情報通信学会技術報告, Vol. 115-109, pp.11–16, 2015.(沖縄)
    [pdf]
  89. 福江紘幸, 高坂拓司, 上田哲史, 伊藤大輔, 太田垣博一, 宇都宮 晃, 麻原寛之
    電流制御DC/DCコンバータに対するON/OFF時間制御アルゴリズムの適用
    電子情報通信学会技術報告, Vol. NLP2016-16, pp.77–81, 2016.(高知)
    [pdf]
  90. 稲葉直彦, 清水邦康, チューン クォック チー, 坪根 正, 麻原寛之, 高坂拓司, 遠藤哲郎
    BVP発振器に見られるMMO加算現象と普遍定数について:Part 2
    電子情報通信学会技術報告, Vol. NLP2016-32, pp.65–70, 2016.(東京)
    [pdf]
  91. 富村祐翔, 黒川弘章, 松下春奈, 高坂拓司
    粒子群最適化を用いた一次元離散時間力学系の分岐点導出法
    電子情報通信学会技術報告, Vol. NLP2016-35, pp.9–12, 2016.(北海道)
    [pdf]
  92. 中村隼平, 軽部 周, 高坂拓司
    振動切削系に生じるびびり振動に関する実験的検討
    電子情報通信学会技術報告, Vol. NLP2016-36, pp.13–16, 2016.(北海道)
    [pdf]
  93. 松下春奈, 黒川弘章, 高坂拓司
    粒子群最適化による固定点検出法の太陽電池モデルにおける最大電力点探索への応用
    電子情報通信学会技術報告, Vol. NLP2016-62, pp.93–96, 2016.(甲南大学)
    [pdf]
  94. 高橋宏彰, 麻原寛之, 高坂拓司
    衝突振動を模擬した電気回路モデルにみられる拘束現象の解析
    電子情報通信学会技術報告, Vol. NLP2017-12, pp.131–134, 2017.(岡山理科大学)
    [pdf]
  95. 久保良樹, 軽部周, 高坂拓司
    パワースペクトルを用いた振動切削系における加工状態の評価
    電子情報通信学会技術報告, Vol. NLP2017-xx, pp.xxx–xxx, 2017.(宮古島マリーンターミナル)
    [pdf]

Graduation thesis(Inside my lab.)

2016

  1. 林田 翔 (修士論文)
    スイッチング遅れが2つの周期外力を有する断続回路に及ぼす影響
  2. 若井 大裕 (修士論文)
    乾燥摩擦を伴う非自律系にみられるstick-slip状態とslip状態間の遷移について
  3. 長田 翔磨
    PVセルモデルの区分線形化が太陽電池ブースターの定性的性質に及ぼす影響
  4. 末廣 泰地
    衝突振動系を模擬した電気回路モデルに見られる拘束現象について
  5. 酒井 基光
    粒子郡最適化を用いた一次元離散力学系のborder collision分岐点導出法
  6. 久保 良樹
    FFTを用いた振動切削系に生じるびびり振動の予測
  7. 後藤 彰 
    相互相関を有するノイズを用いた簡素な合成力学系のNoise-Induced Synchronization
  8. 吉田 悠佑
    スパイクノイズが2つの異なる周期外力を有する断続回路に及ぼす非線形現象

2015

  1. 天野 広幹 (修士論文)
    二質量衝突振動系に対する一般的な安定性解析手法
  2. 小倉 弓月 (修士論文)
    ダイオードを含む強制BVP発振器に見られるMixed-Mode Oscillations
  3. 隈本 正倫 (修士論文)
    微小高調波外力を用いた振動切削系に生じるびびり振動の抑制
  4. 生水 佐樹 (修士論文)
    周期外力の影響を考慮したHブリッジインバータの定性的性質
  5. 平牟禮 貴裕 (修士論文)
    周期外力の形状変化がFast-Slowスケールダイナミクスを有するハイブリッド力学系に与える影響
  6. 佐々木 黎, 西 優介
    デジタル制御式スイッチング回路にみられる不安定周期軌道のON・OFF時間制御
  7. 富村 祐翔 
    PSOを用いた離散時間力学系の分岐曲線導出法
  8. 中村 隼平
    振動切削系に生じるびびり振動の予兆に関する実験的検討
  9. 西山 智史
    断続音を用いたNoise-Induced Synchronizationに基づく位相同期回路
  10. 田平 裕次, 平川 雅人
    スパイクノイズが2つの異なる周期外力を有する断続回路に及ぼす影響

2014

  1. 小川 紘輝 (修士論文)
    不連続な境界を有する断続力学系にみられるborder-collision分岐の分岐点計算法
  2. 小野 淳也 (修士論文)
    簡素な衝突振動系に生じる拘束現象の解析
  3. 亀﨑 文亮 (修士論文)
    周期的なしきい値を有する合成力学系の分岐解析
  4. 竹中 孝明 (修士論文)
    衝突振動系に対する効果的な安定性解析手法の提案
  5. 藤井 太就 (修士論文)
    乾燥摩擦を伴う強制自励系にみられる分岐解析
  6. 小野本 健
    不連続な境界を有する衝突振動系にみられる動的挙動
  7. 長井 渉, 水沼 敬
    Noise-induced Synchronizationを用いた簡素な合成力学系の提案
  8. 若井 大裕
    微小高調波外力が乾燥摩擦を伴う強制自励系に与える影響
  9. 林田 翔
    直流電動機にみられる非線形現象の解析

2013

  1. 池田 剛毅 (修士論文)
    衝突振動系の境界パラメータを用いた分岐解析法
  2. 和泉 悠 (修士論文)
    Mathematical and Experimental Investigation of an Interrupted Electric Circuit with Fast-Scale and Slow-Scale Bifurcations
  3. 刀根 佑輔 (修士論文)
    (m+n)次元線形衝突振動系に対する分岐解析法 ~局所的分岐点の追跡アルゴリズム~
  4. 中土居 克哉 (修士論文)
    歯車を模擬した二質量衝突振動系の力学的挙動
  5. 中村 健太 (修士論文)
    スパイクノイズがPWM-1制御を用いた断続回路に与える影響
  6. 山本 吉彦 (修士論文)
    合成力学系にみられる不安定周期軌道に対するしきい値制御の一般化
  7. 小倉 弓月,小俣 直大
    状態・時刻依存型の非線形合成力学系に適用可能な安定性解析手法の提案 ~Filippovの理論を用いて~
  8. 相川 達彦
    振動切削系に生じるびびり振動の発生メカニズム
  9. 隈本 正倫
    歯車材の硬度が直切りドライホブ加工の仕上げ面精度に及ぼす影響の調査
  10. 天野 広幹
    二質量衝突振動系にみられる1周期解の安定性解析法
  11. 生水 佐樹
    パルス幅変調方式によって制御された H-bridge inverter の非線形現象について

2012

  1. 高橋 明子 (修士論文)
    断続動作特性を有する力学系における安定性計算法
  2. 田中 大揮 (修士論文)
    Nonlinear Behavior of Two-Dimensional Composite Dynamical System with Spike Noise
  3. 中村 竜太 (修士論文)
    1入力EM級増幅器にみられる分岐現象
  4. 細川 純 (修士論文)
    衝突振動を模擬した電気回路モデルにみられる動的挙動
  5. 山中 学 (修士論文)
    Effect Analysis of the Periodic Border in Interrupted Systems
  6. 小野 淳也
    Corner collision分岐が衝突振動系に及ぼす影響
  7. 亀崎 文亮
    Dynamical Characteristics of Parallel-Connected Interrupted Systems with Switching Delay
  8. 竹中 孝明
    線形常微分方程式で記述される衝突振動系の解析~局所的分岐現象の分岐点追跡法について~
  9. 藤井 太就
    1次ΔΣ変調にみられるカオスアトラクタの分岐現象
  10. 小川 紘輝
    拘束条件を有する断続力学系に見られるBorder-collision分岐の分岐点計算法

2011

  1. 清水 佑翔 (修士論文)
    Rigorous Analysis in a Hybrid System with Non-ideal Switching
  2. 田崎 顕一 (修士論文)
    The Stabilizing Effect of Periodic Border in an Interrupted Dynamical System
  3. 平嶋 昭太 (修士論文)
    衝突に起因する非線形振動の安定性解析法
  4. 松尾 彰人 (修士論文)
    Dynamical Structure of the Chaotic Attractor in an Interrupted System with Missed Switching
  5. 池田 剛毅
    周期的な境界条件を有する衝突振動系にみられる1周期解の分岐点計算法
  6. 和泉 悠
    Analysis of an Interrupted Electric Circuit with Fast-Scale and Slow-Scale Bifurcations
  7. 刀根 佑輔
    Calculation Method of Border Collision Bifurcation Point for Exactly Solvable Systems with Interrupted Characteristics
  8. 中土居 克哉, 魚住 祐将
    歯車を模擬した二質量衝突振動系の実装とその定性的性質
  9. 中村 健太
    ミススイッチングがハイブリッドシステムに与える影響
  10. 山本 吉彦
    しきい値制御による断続力学系にみられる不安定周期軌道の安定化について

2010

  1. 麻原 寛之 (修士論文)
    Rigorous Analysis in a Hybrid System with Non-ideal Switching
  2. 辻 正史 (修士論文)
    連続時間型制御法を用いたスイッチング遅れを伴う断続力学系に見られるカオスの安定化
  3. 渡邉 大志 (修士論文)
    合成力学系にみられるborder-collision分岐の分岐点導出法
  4. 木下 貞
    がた系を模擬した三質量衝突振動系の実装とその分岐現象
  5. 高橋 明子
    A Numerical Method for Bifurcation Problem in Impact Oscillators with Fixed Border
  6. 田中 大揮
    Qualitative Property of Two-Dimensional Buck-Boost Converter with Spike Noise
  7. 細川 純
    衝突振動を模擬した電気回路モデルの提案
  8. 山中 学
    Dynamical Effect of the Periodic Border in a Simple Interrupted System with Chaos
  9. 中村 竜太
    理想的ではない EM 級増幅器の動的挙動

2009

  1. 清水 佑翔
    衝突振動を伴う片持ち梁にみられる分岐現象
  2. 田崎 顕一
    A Mathematical Analysis of PWM-1 Controlled System with Time Delay
  3. 平嶋 昭太
    周期関数で記述される境界断面を有する衝突振動系の効果的な解析手法
  4. 古川 寛人
    パルス結合を伴う非線形振動子に対するシューティング法の提案
  5. 松尾 彰人
    Invariant Interval of the Chaotic Attractor in a Hybrid Dynamical System with Spike Noise

2008

  1. 小田哲栄 (修士論文)
    ΔΣ変調回路で制御されたMEMS発振器の解析
  2. 朝長伸吾 (修士論文)
    衝突振動系における一般的な分岐解析法
  3. Hiroyuki Asahara
    Dynamical Effect of Switching Delay in a Hybrid System
  4. 西永一太朗
    剛体架線・パンタグラフ系を模擬した非線形振動系の解析
  5. 渡邉大志
    パルス刺激によるDuffing系の状態遷移
  6. 秋山卓也, 辻正史
    スパイクノイズを伴う断続回路に見られる カオスの安定化とその実装

2007

  1. 加賀美雄一
    状態依存型断続動作特性を有する自律系の効果的な分岐追跡法
  2. 鈴木匠
    スパイクノイズがバックブーストコンバータに及ぼす影響
  3. 羽田野靖雄
    対称性を有する合成力学系の一解析法
  4. 村井裕樹, 小篠隆史
    PMW-1に制御される簡素な回路の定性的性質

2006

  1. 小田哲栄
    スイッチング遅れを有する力学系の解析法に関する研究
  2. 水落伸吾
    2つの拘束条件を有する衝突振動の解析
  3. 山下宗作
    スパイクノイズが状態・時刻混合型断続動作特性を有する系に及ぼす影響
  4. 山本 裕一
    森林火災に関連した二次元インパクトモデルの定性的性質

2005

  1. 橋本匡史
    定加速度走行時における電気自動車用電動機の性能
  2. 坂本浩二
    しきい値の変化が区分的に滑らかな系に与える影響について
  3. 中川翔太
    スイッチングの遅れを有するハイブリットシステムにみられるカオスの制御

2004

  1. 森正彦(修士論文)
    区分的に滑らかな系を構成する連続系とその性質について
  2. 原田泰輔,松本幸浩
    定速走行時における電気自動車用新形電動機の性能評価
  3. 鈴政哲也
    PWM制御器で制御されたH-Bridge Inverterにみられる分岐現象の解析
  4. 池本 圭祐
    不連続なしきい値が印加された区分的に滑らかな系について
  5. 井上昇,大宮隆志
    時刻依存型断続動作特性を有する力学系にみられるカオスアトラクタの効果的な制御法

2003

  1. 安原義仁(修士論文)
    時刻依存型断続動作特性を有する力学系の解析とその応用
  2. 石田宗寛, 井上正嗣, 三上卓也
    電気自動車用新形複巻電動機の研究
  3. 岡田俊二
    拡張されたDFC法を用いたハイブリッドシステムのカオス制御
  4. 岡正久義, 北森庸寛
    キャパシタで結合した方形波発振器にみられる同期現象の解析
  5. 奥川高也
    スイッチトアライバルシステムにみられる不安定周期軌道の安定化について
  6. 竹下英隆
    断続RC回路を有するBVP発振器の解析
  7. 内藤智一
    H-Bridge Inverterにみられる基本的な分岐現象について

2002

  1. 橋本直英(修士論文)
    電気自動車用新形復巻電動機に関する研究
  2. 阿曽沼正憲, 三谷彰大
    電気自動車用直流新型復巻電動機の特性試験
  3. 岡本明典, 谷崎弘一
    n次元非自律系にみられるカオスの制御
  4. 才崎芳明
    ペットボトル発振器にみられる同期現象の解析
  5. 延岡寿彦
    DC/DCブーストコンバータ回路の試作とその実験結果
  6. 元松謙介, 森正彦
    しきい値が周期的に変化する区分的に滑らかな系の実現と基本的な分岐現象について

2001

  1. 田原正一(修士論文)
    ハイブリッドシステムに発生するカオスの制御
  2. 原田秀明(修士論文)
    バックコンバータ回路にみられる非線形現象とその分岐に関する研究
  3. 岡本誠治 津田敦史
    直流新形複巻電動機を搭載した電気自動車の走行特性試験
  4. 安原義仁
    非自律系にみられるカオスの制御
  5. 矢野徹
    負性インピーダンスを用いた逆時間回路
  6. 山本記瑞
    オペアンプを用いた正弦波電圧発振回路
  7. 脇本 浩之
    オペアンプの電流・電圧ブースタの研究

2000

  1. 河野信宏(修士論文)
    電気自転車用新形高効率電動機の研究
  2. 井上明憲, 菅節男
    電気自転車用新形電動機の高効率化に関する研究
  3. 上村治, 吉田和彦
    状態に依存したスイッチで切り替わる非線形系のカオス制御
  4. 橋本直英, 野本昌久
    DC-DCコンバータにおける分岐現象とその応用
  5. 湯川史郎
    区分的に滑らかな力学系に発生するカオスの効果的な制御法
  6. 松本 光史
    状態・時刻混合型断続特性を有する系にみられる周期解の分岐とカオス

1999

  1. 田原正一
    ハイブリッドシステムに発生するカオスの制御
  2. 橋本英忠, 一橋克也
    電気自転車用高効率電動機の研究
  3. 原田秀明
    バックコンバータ回路にみられる分岐現象の解析
  4. 長木大志
    負性抵抗要素を含む非線形振動回路
  5. 柳本昌利
    区分的に滑らかな非線形力学系における分岐計算法