麻原寛之Hiroyuki Asahara

About Me

所属

福岡大学工学部電気工学科
電気機器応用研究室 助教

連絡先

E-mail:
asahara@bifurcation.jp

Phone:
092-871-6631 (ext. 6366)

FAX:
092-865-6031

Address:
〒814-0180 福岡市城南区七隈
8丁目19-1 福岡大学工学部 4号館2F パワーエレクトロニクス
第5研究室

担当講義・実験

  • 電気入門I
    (1年生・前期)

  • 三相同期電動機の特性試験
    (3年生・前期)

  • 三相同期発電機の負荷試験
    (3年生・前期)

  • 電気設計製図
    (4年生・後期)

  • 単相交流回路の電力測定と力率
    (2年生・後期)

学外活動(H.26)

  • 国際会議 NOLTA2014 Special Session Organizer (Switched Dynamical System-I: Modeling, Analysis / Switched Dynamical System-II: Application)

  • 電子情報通信学会 非線形問題研究会@出雲 現地世話人

  • 国際会議 NCSP2015 Technical Program Secretary

  • IUMRS-ICA2014 現地実行委員
    広報担当

  • 回路とシステムワークショップ
    実行委員
 

Profile

職歴・学歴

職歴
    2013年4月~
    福岡大学工学部電気工学科 助教
    2011年4月~2013年3月
    日本学術振興会 特別研究員(DC1)
学歴
    2013年3月 大分大学 大学院 工学研究科 博士後期課程 物質生産工学専攻 早期修了

    2011年4月 大分大学 大学院 工学研究科 博士後期課程 物質生産工学専攻 入学

    2011年3月 大分大学 大学院 工学研究科 博士前期課程 機械・エネルギ-システム工学専攻 修了

    2009年4月 大分大学 大学院 工学研究科 博士前期課程 機械・エネルギ-システム工学専攻 入学

    2009年3月 大分大学 工学部 機械・エネルギーシステム工学科 卒業

    2005年4月 大分大学 工学部 機械・エネルギーシステム工学科 入学

    2005年3月 島根県立江津高等学校普通科 卒業

受賞

趣味

 

Research

電力変換回路の実装・解析

電気工学を学ぶ上で、電力変換回路の仕組みを理解しておくことはとても重要です。 本研究では電力変換回路の基本的な制御方式を復習し、 それらを応用した新たな制御方式を有する回路を提案・実装・解析しています。

ミススイッチングが電力変換回路に及ぼす影響の解明

高周波数帯で動作する電力変換回路においては、ノイズやスイッチング信号の伝達時間遅れなどの影響が顕著に現れ、 回路動作に予期せぬ影響が及ぼされる可能性があります。 本研究ではそれら「ミススイッチング」の影響を理論・実験の両面から調査しています。

合成力学系に生じる非線形現象の解析

インバータ回路に生じるFast-scale分岐とSlow-scale分岐の関連性、衝突振動系に生じる接触・非接触現象の発生メカニズム、 共振型dc/dcコンバータの動的挙動など、 合成力学系には未解決な問題が数多く存在します。 本研究では、主に分岐理論の観点からそれらの問題にアプローチしています。

合成力学系の安定性解析

DC/DCコンバータ等の電力変換回路やアイドリング時のギア間に生じる衝突振動現象など、 運動方程式が不連続に切り替わる力学系は合成力学系と呼ばれています。 本研究では合成力学系に対して効果的な安定性解析手法を提案しています。

非線形現象と工学的問題の関連性
〜インバータと回転機に注目して〜

非線形現象が工学分野に用いられている実システムにどのような影響を及ぼしているのかを調査しています。 現在、パルス幅変調方式によって制御されたインバータ回路に生じる不安定な電流・電圧波形が、 回転機の挙動にどのような影響を及ぼしているのかを調査しています。

Paper

科研費助成
  1. 日本学術振興会 科学研究費 若手研究(B)
    電力変換回路に生じる一部不安定な高周波振動の伝達メカニズム.
    (研究代表者・2014年〜2016年).
  2. 日本学術振興会 科学研究費 特別研究員奨励費(DC1)
    ミススイッチングが断続回路の定性的性質に与える影響.
    (研究代表者・2011年〜2013年).
学術論文
  1. H. Asahara, Y. Izumi, Y. Tone, H. Matsumoto, T. Kousaka.
    Effect of Time Lag in Response to Switching Signal in Interrupted Electric Circuit.
    Circuits, Systems and Signal Processing, vol. ??, no. ??, pp. ??-??, 2014. (in press)
  2. T. Fujii, H. Asahara, T. Kousaka.
    A Simple Stability Analysis Method for Period-1 Solution in a Forced Self-Excited System
    with Stick-Slip Vibration.
    Journal of Signal Processing, vol. ??, no. ??, pp. ??-??, 2014. (in press)
  3. Y. Izumi, H. Asahara, T. Kousaka.
    Basic Study of Border-Collision Bifurcation in an Electric Circuit Including Fast-Scale and Slow-Scale Dynamics.
    Journal of Signal Processing, vol. ??, no. ??, pp. ??-??, 2014. (in press)
  4. T. Kousaka, H. Asahara.
    Complete Bifurcation Analysis of a Chaotic Attractor
    in an Electric Circuit with Piecewise-Smooth Characteristics.
    IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering C, vol. 9, no. 6, pp. ??-??, 2014. (In press)
  5. H. Asahara, T. Kousaka.
    Theoretical and Experimental Analysis of a Simple PWM-1 Controlled Interrupted Electric Circuit.
    International Journal of Circuit Theory and Applications, vol. 42, no. 1, pp. 53-64, 2014.
  6. 松本洋和, 根葉保彦, 麻原寛之.
    力行運転時にも充電可能なチャージポンプ回路を有する昇圧ドライバ.
    電気学会論文誌D, vol. 134, no. 2, pp. 229-238, 2014.
  7. 刀根佑輔, 麻原寛之, 伊藤大輔, 上田哲史, 合原一幸, 高坂拓司.
    区分非線形離散時間力学系における局所的分岐点の計算法.
    電気学会論文誌C, vol.134, no.5, pp. 729-736, 2014.
  8. 田中大揮, 麻原寛之, 合原一幸, 高坂拓司.
    スパイクノイズを有する2次元合成力学系の定性的性質.
    電気学会論文誌C, vol.133, no.7, pp. 1402-1409, 2013.
  9. 麻原寛之, 高坂拓司.
    スパイクノイズの変動を考慮した断続回路の解析.
    電気学会論文誌C, vol.132 no.11, pp. 1886-1887, 2012.
  10. H. Asahara, K. Tasaki, K. Aihara, T. Kousaka.
    The Stabilizing Mechanism for an Interrupted Dynamical System with Periodic Threshold.
    Nonlinear Theory and Its Applications (NOLTA) IEICE, vol. 3, no.4, pp. 546-556, 2012.
  11. A. Matsuo, H. Asahara and T. Kousaka.
    Chaotic Behavior in a Switching Delay Circuit.
    IEICE Trans. Fundamentals, E95-A, no. 8, pp. 1329-1336, 2012.
  12. A. Matsuo, H. Asahara and T. Kousaka.
    Bifurcation Structure of Chaotic Attractor in a Switched Dynamical Systems with Spike Noise.
    Chaos, Solitons and Fractals, vol. 45, Issue 6, pp. 795-804, 2012.
  13. 松尾彰人, 麻原寛之, 高坂拓司.
    スパイクノイズを有する断続回路にみられるカオスアトラクタの実験的検証.
    電気学会論文誌(C) vol. 132-C, no. 5, pp. 811-812, 2012.
  14. T. Kousaka, H. Asahara.
    An Experimental Examination of a PWM-1 Controlled Interrupted Electric Circuit.
    IEICE Electronics Express, vol. 8, no. 15, pp. 1210-1214, 2011.
  15. H. Asahara, T. Kousaka.
    Bifurcation Analysis in a PWM Current-Controlled H-Bridge Inverter.
    International Journal of Bifurcation and Chaos, vol. 21, no. 3, pp. 985-996, 2011.
  16. H. Asahara, T. Kousaka.
    Qualitative Analysis of an Interrupted Electric Circuit with Spike Noise.
    International Journal of Circuit Theory and Applications, vol. 39-11, pp. 1177-1187, 2011.
  17. 麻原寛之, 鈴木匠, 高坂拓司.
    スパイクノイズが状態・時刻混合型断続動作特性を有する力学系に及ぼす影響.
    電子情報通信学会論文誌, vol. J92-A, no.9, pp.596-603, 2009.
  18. H. Asahara, T. Kousaka.
    Experimental Validation of a Hybrid Dynamical System with Switching Delay.
    Journal of Signal Processing, vol. 13, no. 4, pp. 307-310, 2009.
  19. T. Kousaka, H. Asahara.
    Dynamical Mechanism for Interrupted Circuit with Switching Delay.
    IEICE Electronics Express, vol. 6, no. 12, pp. 806-810, 2009.
国際会議
  1. Y. Ogura, H. Asahara, T, Kousaka.
    Stability of State-Period Dependent Non-linear Hybrid Dynamical System.
    Proc. of 7th Chaotic Modeling and Simulation International Conference, pp. ?? - ??, 2014. (Lisbon, Portugal)
  2. H. Amano, H. Asahara, T. Kousaka.
    A Stability Analysis Method for Period-1 Solution in Two-mass Impact Oscillator..
    Proc. of Nonlinear Dynamics of Electronic Systems (NDES), pp. ??-??, 2014. (Albena, Bulgaria)
  3. Y. Izumi, H. Asahara, T. Kousaka. Student Paper Award
    Dynamical Effect of Border-Collision Bifurcation in an Interrupted Electric Circuit
    with Two Periodic External Forces. Proc. of Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP), pp. 189-192, 2013. (Hawaii, USA)
  4. Y. Tone, H. Asahara, K. Aihara, T. Kousaka.
    A Stability Algorithm for an Impact Pair with Exact Solution.
    Proc. IEEE Workshop on Nonlinear Circuit Networks (NCN'13), pp. 55-56, 2013. (Tokushima, Japan)
  5. Y. Izumi, H. Asahara, T. Kousaka.
    Experimental Study of an Interrupted Electric Circuit with Two Different Periodic External Forces.
    Proc. IEEE Workshop on Nonlinear Circuit Networks (NCN'13), pp. 20-21, 2013. (Tokushima, Japan)
  6. T. Takenaka, Y. Tone, H. Asahara, K. Aihara, T. Kousaka.
    A Calculation Method for a Local Bifurcation Point
    in a Two-dimensional Impact Oscillator with the Exact Solution.
    Proc. of International Workshop on Nonlinear Maps and their Applications (NOMA'13), pp. 65-68, 2013. (Zaragoza, Spain)
  7. H. Asahara, T. Kousaka.
    An Effective Stability Analysis Method for the Linear Impact Oscillators.
    Proc. of Nonlinear Theory and Its Applications (NOLTA) IEICE, pp. 110-113, 2013. (Santa Fe, USA)
  8. H. Asahara, Y. Izumi, T. Kousaka.
    Bifurcation Phenomena Observed in an Interrupted Electric Circuit with Two Switches.
    Proc. of 6th Chaotic Modeling and Simulation International Conference, p. 54, 2013. (Istanbul, Turkey)
  9. H. Asahara, K. Aihara, T. Kousaka.
    Stability Analysis of an Interrupted Circuit with Fast-scale and Slow-scale Bifurcations.
    Proc. of The IEEE 10th International Conference on Power Electronics and Drive Systems (PEDS), pp. 12-15, 2013. (Kitakyushu, Japan).
  10. Y. Tone, H. Asahara, K. Aihara, T. Kousaka.
    Calculation Method of Stability for Two-degree-of-freedom Vibro-impact Systems.
    Proc. of 2013 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing, pp.53-56, 2013. (Hawaii, USA)
  11. M. Yamanaka, H. Asahara, K.Aihara, T. Kousaka.
    Effect Anallysis of the Periodic Border in a Buck-Boost Converter.
    Proc. of 2013 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing, pp.41-44, 2013. (Hawaii, USA)
  12. M. Yamanaka, H. Asahara, K.Aihara, T.Kousaka.
    Bifurcation Phenomena in an Interrupted Dynamical System with Periodic Border,
    Proc. IEEE Workshop on Nonlinear Circuit Networks (NCN'12), pp.45-47, 2012. (Tokushima, Japan)
  13. H. Asahara, T.Kousaka.
    Stability Analysis for the Interrupted Dynamical Systems.
    Proc. IEEE Workshop on Nonlinear Circuit Networks (NCN'12), pp.14-15, 2012. (Tokushima, Japan)
    招待講演
  14. Y. Izumi, H. Asahara, T. Kousaka.
    Analysis of an Interrupted Circuit with Fast-Slow Bifurcation.
    Proc. APCCAS 2012, pp. 96-99, 2012. (Kaohsiung, Taiwan)
  15. G. Ikeda, H. Asahara, K. Aihara, T. Kousaka.
    A Search Algorithm of Bifurcation Point in an Impact Oscillator with Periodic Threshold.
    Proc. APCCAS 2012, pp. 200-203, 2012. (Kaohsiung, Taiwan)
  16. K. Nakamura, H. Asahara, T. Kousaka.
    Analysis of an Interrupted Electric Circuit with Non-Ideal Switching.
    Proc. NOLTA 2012, pp. 836-839, 2012. (Majorca, Spain)
  17. G. Ikeda, H. Asahara, A. Kazuyuki, T. Kousaka.
    Derivation Method of the Bifurcation Point for the Periodic Solution
    in an Impact Oscilator with Periodic Local Cross-Section.
    Proc. NOLTA 2012, pp. 891-894, 2012. (Majorca, Spain)
  18. Y. Tone, H. Asahara, T. Ueta, K. Aihara, T. Kousaka.
    A Method for the Computation of Border Collision Bifurcation Point
    in a Piecewise Linear System with Interrupted Characteristics.
    Proc. NOLTA 2012, pp. 828-831, 2012. (Majorca, Spain)
  19. H. Asahara, J. Hosokawa, K. Aihara, S. Banerjee, T. Kousaka.
    Almost Super Stable Periodic Orbit in an Electric Impact Oscillator.
    Proc. NOLTA 2012, pp.832-835, 2012. (Majorca, Spain)
  20. M. Yamanaka, H. Asahara, T. Kousaka.
    A Two-dimensional Analysis in a Buck-Boost Converter Using the Periodic Border.
    Proc. ITC-CSCC 2012, P-T3-24, 2012. (Sapporo, Japan)
  21. D. Tanaka, H. Asahara, T. Kousaka.
    Fundamental Characteristic of Buck-Boost Converter with Spike Noise.
    Proc. ITC-CSCC 2012, B-T2-04, 2012. (Sapporo, Japan)
  22. K. Nakadoi, H. Asahara, S. Karube, T. Kousaka.
    The Implementation Experiment of an Impact Oscillator with Two Mass System Based on a Pair of Gears.
    Proc. ITC-CSCC 2012, B-T3-05, 2012. (Sapporo, Japan)
  23. Y. Yamamoto, H. Asahara, D. Ito, T. Ueta, K. Aihara, T. Kousaka.
    Experimental Control of Chaos via Switching Threshold in an Interrupted Electric Circuit.
    Proc. ITC-CSCC 2012, B-T2-05, 2012. (Sapporo, Japan)
  24. J. Hosokawa, H. Asahara, T. Kousaka.
    Stability Analysis in an Electrical Bouncing Ball Model.
    Proc. ITC-CSCC 2012, P-T3-19, 2012. (Sapporo, Japan)
  25. H. Asahara, T. Kousaka.
    Fundamental Characteristics of an Electric Circuit
    with Two State- and Time-Dependent Interrupted Switches.
    Proc. ITC-CSCC 2012, B-T3-01, 2012. (Sapporo, Japan)
  26. H. Asahara, S. Banerjee, T. Kousaka.
    Stability Analysis in the Current-Mode Controlled DC/DC Buck Converter with Switching Delay.
    Proc. NDES 2012, pp.38-41, 2012. (Wolfenbuttel, Germany)
  27. Y. Izumi, H. Asahara, T. Kousaka.
    Experimental Investigation of an Interrupted Electric Circuit with Fast-Slow Bifurcation.
    Proc. NDES 2012, pp.112-115, 2012. (Wolfenbuttel, Germany)
  28. D. Tanaka, H. Asahara, T. Kousaka.
    Bifurcation in Buck Converter with Time Delay.
    Proc. NCSP'12, pp.138-141, 2012. (Hawaii, USA)
  29. K. Tasaki, H. Asahara, T. Kousaka.
    Observation of Bifurcation Phenomena in PWM-1 Controlled System with Switching Delay.
    Proc. NCSP'12, pp. 457-460, 2012. (Hawaii, USA) Student Paper Award
  30. A. Matsuo, H. Asahara, T. Kousaka.
    Effect Analysis of the Switching Delay in the Chaotic Attractor Observed in a Simple Interrupted Circuit.
    Proc. NCSP'12, pp. 595-598, 2012. (Hawaii, USA)
  31. A. Matsuo, H. Asahara, T. Kousaka.
    Generation of New Bifurcation Structure in an Interrupted Electric Circuit with Spike Noise.
    Proc. NCN, 09PM1-9, pp.64-66, 2011. (Tokushima, Japan)
  32. J. Hosokawa, H. Asahara, T. Kousaka.
    Dynamic Behavior of the Electric Bouncing Ball.
    Proc. NCN, 09PM1-8, pp.61-63, 2011. (Tokushima, Japan)
  33. D. Tanaka, H. Asahara, T. Kousaka.
    Effect of Spike Noise in Buck-Boost Converter Operated in Discontinuous Conduction Mode.
    Proc. NCN, 09AM3-4, pp.34-36, 2011. (Tokushima, Japan)
  34. H. Asahara, M. Yamanaka, T. Kousaka.
    Numerical Analysis of the Parallel-Connected DC/DC Converters with Switching Delay.
    Proc. NOMA 2011, pp. 67-69, 2011. (Evora, Portugal)
  35. H. Asahara, S. Karube, K. Aihara, T. Kousaka.
    Appearance of the Grazing Bifurcation in an Impact Model with Three Mass Points.
    Proc. NOLTA 2011, pp. 17-20, 2011. (Kobe, Japan)
  36. J. Hosokawa, H. Asahara, T. Kousaka.
    Bifurcation Phenomena in an Electric Impact Oscillator.
    Proc. ITC-CSCC 2011, pp.870-873, 2011. (Gyeongju, Korea)
  37. D. Tanaka, H. Asahara, T. Kousaka.
    Qualitative Property of Two-Dimensional Buck-Boost Converter Containing Spike Noise.
    Proc. ITC-CSCC 2011, pp.776-779, 2011. (Gyeongju, Korea)
  38. A. Matsuo, H. Asahara, T. Kousaka.
    Experimnetal Demonstration of Chaotic Attractor in a Time Delay Intereupted Circuit.
    Proc. NCN, 3AM2-3, pp.19-22, 2010. (Tokushima, Japan)
  39. H. Asahara, T. Kousaka.
    Nonlinear Dynamics in Buck-Boost Converter with Spike Noise.
    Proc. NOLTA, pp. 253-256, 2010. (Krakow, Poland) Student Paper Award
  40. A. Matsuo, H. Asahara, T. Kousaka.
    An Implementation Analysis of the Chaotic Attractor in an Interrupted Circuit with Spike Noise.
    Proc. ITC-CSCC, pp.221-224, 2010. (Pattaya, Thailand)
  41. K. Tasaki, H. Asahara, T. Kousaka.
    An Experimental Investigation of PWM-1 Controlled Circuit with Time Delay.
    Proc. NDES, pp.118-121, 2010. (Dresden, Germany)
  42. H. Asahara, T. Kousaka.
    Qualitative Mechanism of DC/DC Converter containing Spike Noise.
    Proc. NDES, pp.122-125, 2010. (Dresden, Germany)
  43. A. Matsuo, H. Asahara, T. Kousaka.
    Existence Region of Chaotic Attractor in a Hybrid Dynamical System with Spike Noise.
    Proc. NCSP, 3PM-1-1, pp.117-120, 2010. (Hawaii, USA)
  44. H. Furukawa, H. Asahara, T. Kousaka.
    An Experimental Study of an Interrupted Circuit with PWM-1 Control.
    Proc. NCSP, 3PM1-1-6, pp. 137-140, 2010. (Hawaii, USA) Student Paper Award
  45. A. Matsuo, H. Asahara, T. Kousaka.
    Invariant Interval of the Chaotic Attractor in a Switched Dynamical System with Spike Noise.
    Proc. NCN, pp. 21-23, 2009. (Tokushima, Japan)
  46. K. Tasaki, H. Asahara, T. Kousaka.
    Dynamic behavior of PWM-1 controlled circuit with switching delay.
    Proc. NCN, pp. 17-18, 2009. (Tokushima, Japan)
  47. H. Asahara, T. Kousaka.
    Analysis of a Switched Dynamical System with Spike Noise.
    Proc. NOLTA, pp. 125-128, 2009. (Hokkaido, Japan)
  48. H. Asahara, T. Kousaka.
    Experimental Study of an Interrupted Electric Circuit with Spike Noise.
    Proc. ECCTD, pp. 667-670, 2009. (Antalya, Turkey)
  49. H. Asahara, T. Kousaka.
    Effect of Switching Delay in an Interrupted Electric Circuit.
    Proc. NDES 2009, pp.146-149, 2009. (Rapperswil, Switzerland)
  50. T. Akiyama, H. Asahara, T. Kousaka.
    Realization of Simple Interrupted Electric Circuit with the Spike Noise and its Analysis.
    Proc. NCNSD, pp. 12, 2009. (Kolkata, India)
  51. H. Asahara, T. Kousaka.
    Experimental Confirmation of a Simple Interrupted Circuit with Switching Delay.
    Proc. NCSP, 1AM2-H2, pp. 85-88. (Hawaii, USA, 2009) Student Paper Award
国内会議
  1. 松本洋和, 中嶌竜治, 根葉保彦, 麻原寛之.
    非接触給電システムに適用される直/並列共振補償器に関する考察.
    平成26年電気学会全国大会, 4-807, 2014. (愛媛)
  2. 中嶌竜治, 松本洋和, 根葉保彦, 麻原寛之.
    二層コアレス三相非接触トランスにおける水平方向の位置ずれ特性.
    平成26年電気学会全国大会, 4-804, 2014. (愛媛)
  3. 中嶌竜治, 松本洋和, 根葉保彦, 麻原寛之.
    二層コアレス三相非接触トランスの回転方向の位置ずれシミュレーション.
    電気関係学会九州支部連合大会, 04-2P-08, 2013. (熊本)
  4. 小倉弓月, 麻原寛之, 高坂拓司.
    Filippovの理論を応用した非線形断続回路の一安定性解析手法.
    電気関係学会九州支部連合大会, 02-2P-15, 2013. (熊本)
  5. 軽部周,中土居克也,麻原寛之,高坂拓司.
    歯車を模擬した衝突振動系に生じる動的挙動.
    日本機械学会機械力学・計測制御部門講演会2012アブストラクト集,pp.87,2012.
  6. 細川純, 麻原寛之, 合原一幸, Soumitro Banerjee, 高坂拓司.
    衝突振動を模擬した電気回路モデルにみられる超安定性周期解.
    平成24年電気学会電子・情報・システム部門大会, pp. 1657-1658, 2012. (弘前)
  7. Y. Tone, H. Asahara, T. Ueta, K. Aihara, T. Kousaka.
    Improvement of Calculation Method for Border-Collision Bifurcation in Piecewise Smooth Map.
    平成24年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 05-1P-14, 2012. (長崎)
  8. 池田剛毅, 麻原寛之, 合原一幸, 高坂拓司.
    局所断面が周期的に変化する衝突振動系: 周期解に対する分岐点計算法.
    平成24年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 05-1P-13, 2012. (長崎)
  9. 中村健太, 麻原寛之, 高坂拓司.
    理想的ではないスイッチング動作が断続回路に与える影響とその実験的検証.
    平成24年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 05-1P-12, 2012. (長崎)
  10. D. Tanaka, H. Asahara, T. Kousaka.
    Effect of Randomly Fluctuating Spike Noise in an Interrupted Electric Circuit.
    平成24年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 05-1P-11, 2012. (長崎)
  11. 山中学, 麻原寛之, 高坂拓司.
    周期的に動作する境界が断続動作特性を有する系の安定性に与える影響.
    平成24年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 05-1P-10, 2012. (長崎)
  12. 麻原 寛之, S. Banerjee, 高坂 拓司.
    周期的な境界を有する衝突振動系に対する安定性解析手法の提案.
    第25回 回路とシステムワークショップ, pp. 15-18, 2012. (兵庫) 奨励賞
  13. H. Asahara, Y. Izumi, T. Kousaka.
    Experimental Study of an Interrupted Circuit with Fast-Slow Bifurcation.
    IEICE General Conference, A-2-28, 2012 (岡山). 電子情報通信学会学術奨励賞
  14. H. Asahara and T. Kousaka.
    Stability of the Fixed Point in an Interrupted Electric Circuit with Fast-Slow Bifurcation.
    平成23年度電気学会九州支部沖縄支所講演会, OKI-2011-21, pp. 100-102, 2011(沖縄).
  15. 細川純, 麻原寛之, 高坂拓司.
    衝突振動を模擬した電気回路モデルにみられる分岐構造.
    平成23年 電気学会電子・情報・システム部門大会, pp. 1292-1293, 2011(富山).
  16. 田中 大揮, 麻原 寛之, 高坂 拓司.
    スパイクノイズが電流不連続モードで動作する 2次元バックブーストコンバータに与える影響.
    平成23年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 09-2A-03, 2011(佐賀).
  17. H. Asahara, T. Kousaka.
    Analysis of an Electric Circuit with Two Interrupted Switches.
    平成23年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 09-2A-04, 2011(佐賀).
  18. 細川 純, 麻原 寛之, 高坂 拓司.
    衝突振動を模擬した電気回路モデルのスイッチング動作とその定性的性質.
    平成23年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 09-2A-07, 2011(佐賀).
  19. A. Matuso, H. Asahara, and T. Kousaka.
    Structure of the Chaotic Attractor in a Hybrid Dynamical System with Spike Noise.
    電子情報通信学会九州支部学生会講演会・講演論文集, A-8, 2011(佐賀).
  20. H. Asahara, M. Yamanaka, T. Kousaka.
    Existence Region of the Periodic Orbits in Parallel-Connected Buck Converters with Time Delay.
    平成23年度電子情報通信学会総合大会講演論文集, A-2-16, p37, 2011. (東京, 3月)
  21. H. Asahara, T. Kousaka.
    Bifurcation Structure in a DC/DC Converter with Spike Noise.
    電子情報通信学会九州支部学生会講演会・講演論文集, A-5, 2010. (福岡) 講演奨励賞
  22. 麻原 寛之, 山中 学, 高坂 拓司.
    `スイッチング動作に遅延を伴う並列接続型バックコンバータの動的挙動.
    平成22年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 10-2P-07, p. 630, 2010. (福岡)
  23. H. Asahara, T. Kousaka.
    Nonlinear Phenomena in a MEMS Oscillator.
    Shikoku-section Joint Convention of the Institutes of Electrical and related Engineers (SJCIEE 2010), 18-30, p. 329, 2010. (愛媛)
  24. A. Matsuo, H. Asahara, T. Kousaka.
    A Theoretical Analysis of the Chaotic Attractor in a Hybrid Switching Delay System.
    Shikoku-section Joint Convention of the Institutes of Electrical and related Engineers (SJCIEE 2010), 18-31, p. 330, 2010. (愛媛)
  25. 麻原 寛之, 高坂 拓司.
    スパイクノイズがコンバータ回路の分岐構造に与える力学的影響.
    平成22年電気学会電子・情報・システム部門大会, MC2-3, pp.1087-1090, 2010. (熊本)
  26. H. Asahara, T. Kousaka.
    Fundamental Analysis in Parallel-Connected Buck Converters containing Time Delay.
    平成22年電気学会全国大会講演論文集, 1-026, p.32, 2010. (東京) 優秀論文発表賞
  27. 古川 寛人, 麻原 寛之, 高坂 拓司.
    PWM-1で制御される断続回路の実現とその分岐現象.
    平成21年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 10-2P-12, 2009. (福岡)
  28. H. Asahara, T. Kousaka.
    Dynamical Characteristics of a Buck-Boost Converter with Spike Noise.
    平成21年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 10-2P-10, 2009. (福岡) 講演奨励賞
  29. K. Tasaki, H. Asahara, T. Kousaka.
    Dynamical Property of PWM-1 Controlled System with Switching Delay.
    Shikoku-section Joint Convention of the Institutes of Electrical and related Engineers (SJCIEE 2009), p. 340, 2009. (愛媛)
  30. H. Asahara, T. Kousaka.
    Dynamical Structure in a DC-DC Converter containing Spike Noise.
    電子情報通信学会 ソサイエティ大会, A-2-7, p. 33, 2009. (新潟)
  31. 麻原 寛之, 高坂 拓司.
    スパイクノイズを有するコンバータ回路の動的挙動.
    平成21年 電気学会 電子・情報・システム部門大会 C, pp. 957-958, 2009. (徳島)
  32. 麻原 寛之, 高坂 拓司.
    スイッチング動作に遅延を伴うハイブリッドシステムの実現とその解析.
    第22回 回路とシステム軽井沢ワークショップ, pp. 56-59, 2009. (長野)
  33. 麻原 寛之, 高坂 拓司.
    スパイクノイズがハイブリッドシステムにおよぼす影響.
    平成20年度電子情報通信学会全国大会講演論文集, p. 56, 2009. (愛媛)
  34. H. Asahara, T. Kousaka.
    Realization of Simple Interrupted Electric Circuit containing Switching Delay and its Bifurcations.
    Shikoku-section Joint Convention of the Institutes of Electrical and related Engineers (SJCIEE 2008), p. 389. (徳島) Best Presentation Award
  35. 麻原 寛之, 高坂 拓司.
    スパイクノイズを有するバックブーストコンバータ回路の分岐構造.
    平成20年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 06-2P-03,2008. (大分)
研究会
  1. 高坂拓司,麻原寛之,伊藤大輔,上田哲史, 川上博
    周期外力を印加したLEDホタルの分岐解析.
    電子情報通信学会技術報告, Vol. ??, pp. ??-??, 2014. (北海道)
  2. 生水佐樹,麻原寛之,高坂拓司.
    周期外力の影響を考慮した簡素なHブリッジインバータの定性的性質.
    電子情報通信学会技術報告, Vol. ??, pp. ??-??, 2014. (宮城)
  3. 小倉弓月, 麻原寛之, 高坂拓司.
    状態・時刻依存型非線形合成力学系にみられる1周期解の安定性解析手法.
    電子情報通信学会技術報告, Vol. ??, pp. ??-??, 2014. (仙台)
  4. 天野広幹, 麻原寛之, 高坂拓司.
    二質量衝突振動系にみられる1周期解の安定性解析手法.
    電子情報通信学会技術報告, Vol. ??, pp. ??-??, 2014.
  5. 刀根 佑輔, 麻原 寛之, 合原 一幸, 高坂 拓司.
    (2+2)次元衝突振動系にみられる1周期解の局所的分岐点求解アルゴリズム.
    電子情報通信学会技術報告, vol. NLP2013-156, pp. 141-144, 2014. (ニセコ)
  6. 和泉 悠, 麻原 寛之, 高坂 拓司.
    2つの異なる周期外力を有する断続回路に生じるBorder-collision分岐に関する実験的検討.
    電子情報通信学会技術報告, vol. NLP2013-154, pp. 133-136, 2014. (ニセコ)
  7. 亀崎文亮, 麻原寛之, 高坂拓司. スイッチング遅れが2次元合成力学系の分岐構造に与える影響.
    電子情報通信学会技術報告, vol. 113 no. 69, NLP2013-11, pp. 13-16, 2013. (福岡)
  8. 池田剛毅,麻原寛之,合原一幸,高坂 拓司.
    周期的なしきい値を有する合成力学系における分岐点の一計算法
    ~しきい値を分岐パラメータとする場合~.
    電子情報通信学会技術報告, vol. NLP2012-92, pp. 25-28, 2012. (福井)
  9. 麻原寛之, 細川純, 合原一幸, 高坂拓司.
    衝突振動系にみられる拘束現象を伴う周期解の分岐メカニズムについて.
    電子情報通信学会技術報告, vol. 112, no. 301, NLP2012-81, pp. 29-32, 2012. (石巻, 11月)
  10. 和泉悠, 麻原寛之, 高坂拓司.
    2つの異なる周期外力を有する断続回路について
    ~Fast-scaleに生じるBorder-collision分岐がSlow-scale分岐にもたらす影響~.
    電子情報通信学会技術報告, vol. NLP2012-112, pp. 105-108, 2012(高知)
  11. 中土居克哉, 麻原寛之, 軽部周, 高坂拓司.
    二質量衝突振動系に生じるgrazing分岐の実験的検討.
    電子情報通信学会技術報告, vol. NLP2012-49, pp. 65-68, 2012(鹿児島)
  12. 山本吉彦, 麻原寛之, 伊藤大輔, 上田哲史, 合原一幸, 高坂拓司.
    しきい値の摂動を用いたカオス制御の実験的検討.
    電子情報通信学会技術報告, vol. NLP2012-40, pp. 13-16, 2012(鹿児島)
  13. 松尾彰人, 麻原寛之, 高坂拓司.
    スイッチング遅れを伴う断続回路にみられるカオスアトラクタの分岐現象.
    電子情報通信学会技術報告, vol. NLP2011-139, pp. 31-34, 2012(会津).
  14. 麻原 寛之, S. Banerjee, 高坂 拓司.
    Fast-Slow分岐を呈する回路モデルの提案.
    電子情報通信学会技術報告, vol.NLP2011-95, pp. 25-28, 2011(宮古島).
  15. 麻原 寛之, S. Banerjee, 高坂 拓司.
    スイッチング動作に遅延を伴うコンバータ回路の安定性解析.
    電子情報通信学会技術報告, vol.NLP2011-86, pp. 153-156, 2011(静岡).
  16. 田中 大揮, 麻原 寛之, 高坂 拓司.
    スパイクノイズを伴う2次元バックブーストコンバータの定性的性質.
    電子情報通信学会技術報告, vol.NLP2011-52, pp. 157-160, 2011(北海道).
  17. 麻原 寛之, 高坂 拓司.
    2つの状態・時刻混合型スイッチを有する断続回路の提案とその実装.
    電子情報通信学会 非線形問題研究会 技術報告, vol. NLP2011-7, pp. 31-34, 2011. (香川, 5月)
  18. 軽部 周, 麻原 寛之, 高坂 拓司, 合原 一幸.
    歯車を模擬した三質量衝突系の実験的研究.
    電子情報通信学会 非線形問題研究会 技術報告, vol. NLP2011-6, pp. 27-30, 2011. (香川, 5月)
  19. 松尾 彰人, 麻原 寛之, 高坂 拓司.
    スパイクノイズを有する断続力学系にみられるカオスアトラクタの分岐構造.
    電子情報通信学会技術報告, vol.NLP2011-143, pp.107-110, 2011. (北海道, 1月)
  20. 松尾 彰人, 麻原 寛之, 高坂 拓司.
    スパイクノイズが状態・時刻混合型断続回路のカオス的挙動に与える影響とその実験的検証.
    電子情報通信学会技術報告, vol.NLP2010-32, pp.19-22, July., 2010 (石川).
  21. 田崎 顕一, 麻原 寛之, 高坂 拓司.
    理想的に動作しないPWM-1で制御された合成力学系の定性的性質.
    電子情報通信学会技術報告, vol.NLP2010-24, pp.211-214, June., 2010 (沖縄).
  22. 古川 寛人, 麻原 寛之, 高坂 拓司.
    PWM-1制御を用いた断続回路の実験的検討.
    電子情報通信学会 非線形問題研究会 技術報告, vol. 109, pp. 87-90, 2009. (広島)
  23. 麻原 寛之, 高坂 拓司.
    スイッチング遅れが断続動作特性を有する系に与える影響.
    電子情報通信学会 非線形問題研究会 技術報告, vol. 46, pp. 13-16, 2009. (高知)
  24. 麻原 寛之, 高坂 拓司.
    スイッチング遅れを有する簡素な回路に見られる分岐現象.
    電子情報通信学会 非線形問題研究会 技術報告, vol. 109, pp.87-90, 2009. (宮崎)

Trip

アジア

  • インド
  • マレーシア
  • タイ
  • 中国
  • 台湾
  • フィリピン
  • 北米

  • アメリカ
  • ヨーロッパ

  • スペイン
  • ポルトガル
  • ポーランド
  • トルコ
  • ドイツ
  • バチカン市国
  • イタリア
  • スイス
  • フランス
  • 勝手にランキング

    料理が美味しい

    • 1位: ポルトガル
    • 2位: イタリア
    • 3位: タイ


    景観が良い

    • 1位: スイス
    • 2位: ハワイ島@アメリカ
    • 3位: オアフ島@アメリカ


    治安が良い

    • 1位: ドイツ
    • 2位: マレーシア
    • 3位: スイス




    物価が安い

    • 1位: インド
    • 2位: フィリピン
    • 3位: タイ


    観光するなら

    • 1位: ポルトガル
    • 2位: フランス
    • 3位: スイス


    一人旅するなら

    • 1位: インド
    • 2位: 中国
    • 3位: タイ

    • ハイデラバード@インド
      (2013年11月)

      インドの大学を訪問してきました。研究者・学生さんのモチベーションの高さを実感できました。

    • サンタフェ@アメリカ
      (2013年9月)

      毎度おなじみ!ボリューム満点のアメリカンサイズ!食べきれなくなってきた今日この頃です^^;

    • イスタンブール@トルコ
      (2013年6月)

      タクシム広場で警察とデモ隊が衝突していますが、それ以外の場所は平和です。無事に発表を終えました。

    • ビッグアイランド@アメリカ(2013年3月)

      巨大ショッピングモールはないですが、滞在するだけで癒される島でした。レンタカー必須です。

    • 台北@台湾
      (2012年12月)

      台湾は日本語が通じるところが多いです。写真は新幹線桃園駅の近くの屋台街です。

    • マヨルカ@スペイン
      (2012年10月)

      たまたま立ち寄ったレストランでテレビ取材を受けました。オーナーは有名なフラメンコ奏者。

    • IISER@インド
      (2012年6月)

      雨期のためほぼ毎日停電します。ろうそくの灯りを便りに研究したことは良い思い出です。

    • ワルシャワ@ポーランド
      (2011年10月)

      ベルリン-ワルシャワ間の車窓から。ポーランドは素朴な国でした。スープが美味しいです。

    • ミュンヘン@ドイツ
      (2011年)

      ドイツと言えばビール。とても美味しかったです。あとおつまみのソーセージも最高。

    • イスタンブール@トルコ
      (2010年)

      グランドバザールにて購入したお土産。トルコはヨーロッパの割には物価が安いように感じます。

    • チェンマイ@タイ
      (2009年)

      チェンマイにてジャングルトレッキングツアーに参加しました。像に乗ったり筏に乗ったりしました。

    • ラッパーズウィル@スイス
      (2009年)

      スイスは湖畔の風景がとても奇麗です。電車に乗って旅しましょう。ワインも美味しい!

    • ローマ@イタリア
      (2009年)

      公園の噴水は地下水を利用しています。皆飲んでいたので僕も挑戦してみました。

    • パリ@フランス
      (2009年)

      パリのドミトリーには世界中から若者が集まってきます。楽しいので是非宿泊してみて下さい。